[KTM]WMX Rd.13 カイローリとハーリングスがともに完全勝利で総合優勝

『2014世界モトクロス選手権/第13戦フィンランド』。Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に350SX-Fで参戦した#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)は1-1の完全勝利で総合優勝。#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)は15-8の総合12位。

MX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に250SX-Fで参戦した#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)は今大会もダブルウインで総合優勝。また#911/Jordi Tixier(ジョルディ=ティクシー)は2-4で総合3位となりました。

●MXGPクラス
レース1で慎重にレースを運んだカイローリは、J・ヴァン・ホビークス(ヤマハ)に7秒差で優勝。レース2では表彰台を目指し、数台による激しいバトルが展開されましたが、カイローリはそれを横目に、2位以下に22秒もの差をつけてとトップでチェッカー。1-1で総合優勝を果たしました。

デ・デッカーは15-8位の総合12位でフィニッシュ。レース1では、まだ完調とは言えない手首に巻いていたサポーターが外れ、それを再度固定するためにマシンを止めていたのです。また体調も崩していて、本来のポテンシャルにはほど遠い状態でのレースでした。

カイローリのコメント
「ここのコースはバンピーでテクニカル。今シーズンで一番難しかった。しかし両レースで好スタートを切ることができたし、体調も万全だった。このリザルトに満足しているし、なによりスタートが改善できているのがうれしい」

■MX2クラス
レース1。ハーリングスはホールショットこそ逃しますが好スタートを切り、オープニングラップ終了間近にトップに躍り出ます。それから一度もトップを譲ることなく、2位以下に1分以上もの差をつけトップでチェッカー。レース2でも圧倒的な速さを見せ、ここでも2位以下に1分以上の差をつけトップでチェッカー。両レースともに一度もトップを譲ることなく、1-1の完全勝利でレースを終えました。

ティクシーは土曜日の予選で激しく転倒。日曜の朝は一人で歩くのも難しい状態でした。しかしレース1終了後、上位2名のライダーがイエローフラッグ無視のペナルティを受けたことでティクシーが2位に繰り上げ。また続くレース2でも、満身創痍ながら果敢に攻め4位でフィニッシュ。2-4の総合3位でレースを終えました。

ハーリングスのコメント
「土曜日の予選で転倒を喫したものの、全体的には良い週末だった。地元オランダかベルギーで勝つことを目標にしているが、2週間後のチェコとその翌週のベルギーでも、今回のような完全勝利で連勝したい」

ティクシーのコメント
「レース1、決して調子は良くなかったが他のライダーのペナルティで2位になることができた。レース2では、スタート後10分で背中が固まってしまった。コースが荒れ、さらに難しくなるなか何とか4位に入ることができた」

次戦/第14戦は7月27日(日)、チェコで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1. Tony Cairoli – KTM
2. Jeremy Van Horebeek
3. Steven Frossard
4. Maximilian Nagi
5. Kevin Strijbos

15. Ken de Dycker – KTM

■MXGP/Race2結果
1. Tony Cairoli – KTM
2. Steven Frossard
3. Shaun Simpson
4. Kevin Strijbos
5. Dean Ferris

8. Ken de Dycker – KTM

■MXGP総合
1. Tony Cairoli – KTM
2. Steven Frossard
3. Kevin Strijbos
4. Jeremy Van Horebeek
5. Maximilian Nagi

■MXGPポイントスタンディングス
1. Cairoli – (KTM) 557 Point
2. Van Horebeek 515
3. Desalle 470

◆MX2/Race1結果
1. Jeffrey Herlings – KTM
2. Jordi Tixier – KTM
3. Tim Gajser
4. Christophe Charlier
5. Romain Febvre

◆MX2/Race2結果
1. Jeffrey Herlings – KTM
2. Dylan Ferrandis
3. Tim Gajser
4. Jordi Tixier – KTM
5. Jose Butron

◆MX2総合
1. Jeffrey Herlings – KTM
2. Tim Gajser
3. Jordi Tixier – KTM

◆MX2ポイントスタンディングス
1. Herlings(KTM) 594 Point
2. Tixier(KTM) 449
3. Febvre 416

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る