[SUZUKI]WMX Rd.13 ケビン・ストライボスが前大会に続き総合3位のポディウム獲得!

7月12〜13日、2014MX-GP(FIMモトクロス世界選手権)シリーズ第13戦フィンランドGPがフィンランドのヒュビンカーで開催され、ロックスターエナジースズキでワークスマシンRM-Z450を駆るケビン・ストライボスが、第1レース5位、第2レース4位という激戦の末、総合3位のポディウム登壇を果たした。特に第2レースは一時順位を大きく落としたものの、猛烈な追い上げを見せて健闘した。

路面の表面を重いサンド質が覆うヒュビンカーのコースは、大会中でも屈指の難コースとされ、ストライボスも思い通りのスタートを切れないなどタフなレースを強いられたが、粘り強い走りで今季6度目のポディウムを手にしたのだった。

チームメイトのクレメン・デサールが、先週のスウェーデンGP決勝第2レースでクラッシュに見舞われた際の身体の痛みが取れず、今大会の欠場を余儀なくされたため、ストライボスはチームからMX1クラスライダー1人体制での参戦となった。前日はサスペンションセッティングに改善の余地を残し、予選7位で終了したストライボスは、入念なセッティングを施して日曜の決勝レースに臨んだ。決勝日の天候は曇り、温暖な気候の中、会場には1万7000人の観客が詰めかけた。

決勝第1レース、ストライボスはスタートこそ3番手としたが,順位を落とし、レース前半は7番手から懸命の追い上げを図ることとなった。レース終盤は4番手を走るM・ナグル(ホンダ)の後方につくもそのまま5位フィニッシュとなった。第2レースは、再度マシンセッティングを見直し、第6戦オランダGP、バルケンスワードのサンドコースの時と同様のセッティングを施して挑んだ。

そしてこの選択が驚くべき結果をもたらすこととなった。スタートに大きく失敗したストライボスは、オープニングラップでは22番手という不本意な順位にいたが、そこから目の覚めるような追い上げを開始、ラップ毎に着実に順位を上げながら、最終ラップでは3番手のS・シンプソン(KTM)に0.5秒差のところまで迫り、ストライボスは4位でフィニッシュした。

シーズン全17戦中、現在13戦を消化して、デサールは現在ポイントランキング3位、ストライボスはデサールに46ポイントのビハインドでランキング4位につけている。スウェーデン、フィンランドと続いた北ヨーロッパラウンドを終えて、次戦のMXGP第14戦は7月26〜27日、チェコのロケットで開催される。

コメント
■ケビン・ストライボス(第1レース/5位 第2レース/4位 総合3位)
「厳しいレースだった。自分自身の調子もパワー不足で、絶好調には程遠かった。第1レースが終わった時は疲労もピークで、まるですでに3レース消化したかのような感じがした。今回はスタートでのミスが最後まで影響してしまった。最後まで体力を蓄えておくために前半はあまり無理せずに走ろうという作戦で、レース終盤で頑張って追い上げ、結果的にポディウムをゲットできて良かった。(第2レースは)ポディウムのために最終ラップで前のフェリス(ハスクバーナ)をパスせよというチームからの指示があり、その通りに実行した。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る