【新車】HONDA、「VTR」シリーズの一部を改良するとともに足着き性を向上させた「VTR Type LD」を発売

Hondaは、250ccのロードスポーツモデル「VTR」と、ハーフカウルを装着した「VTR-F」のそれぞれにラジアルタイヤを採用し、7月18日(金)に発売することを発表しました。

また、足着き性を向上させた「VTR Type LD」を新たにタイプ設定し、同じく7月18日(金)に発売します。

今回、VTRシリーズの全タイプにグリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用することで、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上が図られました。

また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更して、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングの向上にもつなげています。なお、VTRとVTR-Fは、リアサスペンションのセッティングを変更することで、乗り心地の向上を図っています。

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計3,400台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
VTR       598,320円(消費税抜き本体価格 554,000円)
VTR Type LD 609,120円(消費税抜き本体価格 564,000円)
VTR-F     619,920円(消費税抜き本体価格 574,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれません

▼VTR (グラファイトブラック)

▼VTR (デジタルシルバーメタリック)

▼VTR (パールサンビームホワイト)

▼VTR-F (パールサンビームホワイト)

▼VTR-F (パールコスミックブラック)

▼VTR Type LD (マグナレッド)

▼VTR Type LD (パールサンビームホワイト)

今回新たにタイプ設定したVTR Type LDは、VTRをベースに、前・後サスペンションに専用セッティングが施されています。これにより、VTRに比べ15mm低い740mmのシート高とし、良好な足着き性と軽快な操縦フィーリングを両立しています。

車体色のバリエーションは、以下のとおりです。

■VTR
・デジタルシルバーメタリック(新色)
・パールサンビームホワイト(新色)
・グラファイトブラック(継続色)

フレームには、鮮烈なレッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。

■VTR-F
・パールコスミックブラック(継続色)
・パールサンビームホワイト(継続色)

フレームには、上質感のあるシルバーを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。

■VTR Type LD
・マグナレッド
・パールサンビームホワイト

フレームには、鮮烈なレッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。

VTRシリーズは、粘り強く力強いトルク特性のV型2気筒エンジンを取り回し性に優れた車体に搭載することで、男女を問わず幅広い年齢層から高い支持を得ているロードスポーツモデルです。VTR Type LDのタイプ追加によって、選択の幅をさらに広げています。

お問い合わせ
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る