渋滞緩和の秘策

先日、ある新聞記事が目に留まった。国土交通省が進めようとしている、ITを活用した高速道路の渋滞緩和の仕組みについてだ。

ひとつは、渋滞時にいったん一般道へ迂回し再び高速道に戻っても割高にならないような料金制度を導入するとのこと。もうひとつは、料金所に開閉バーのない新しいタイプのETC専用レーンを設け、素早く通過できるようにすることで渋滞を防ごうというもの。向こう2から3年かけて全国の高速道に導入していく方針という。

さて、前者について。高速で渋滞すると逃げ場がない。途中で降りたくても近くにICがなく、降りられないのが高速渋滞の現実である。また、空いている下道を行ったところで、信号待ちなどを含めると、結局は時間的には同じだったということも経験上よくあること。たとえ一般道を迂回しても損しない料金体系になったとしても、果たして思惑どおりに事が運ぶかは疑問である。

後者について。現在はバーの手前で時速20キロ以下に減速する必要があるが、道路幅を広くしてバーをなくした新レーンでは時速40キロ以上で通過できるようにするという。でも、通過速度そのものが問題なのだろうか。そもそも、ETCゲートで渋滞が発生するのではなく、その先の車線合流が原因で渋滞が始まることが多いように思う。また「道路幅を広くする」と一文があるが、そのために全国でどれほどの投資が必要になるのだろうか。

週末の東名高速などでよく見かける光景がある。大渋滞の先には、本線上にクルマを堂々と止めたまま、悠々と携帯で長電話している事故当事者の姿。これが原因だったの?それを見るたび、まずは「高速道路で事故を起こした場合の対処法」など、基本的な運転者教育を徹底すべきと思うが、いかがなものだろう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る