MotoGP 公式予選:M.マルケスが5年連続のポールポジションを連取

初日総合2番手だったポイントリーダーのマルケスが、フリー走行3から連続の1番時計を刻んだ後、公式予選2で6年ぶりにサーキットベストラップを更新して、今季7度目、当地で5年連続のポールポジションを獲得。

転倒を喫したペドロサ、地元出身のブラドルが続き、ホンダが今季2度目の1列目を独占。エスパルガロ兄、ロレンソ、ロッシが続き、青山は6列目16番グリッドから決勝レースを迎える。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る