[YAMAHA]MotoGP Rd.9 ドイツGP プレビュー

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第9戦ドイツGP
■開催日:2014年7月11日(金)1日目フリー走行、12日(土)予選、13日(日)決勝
■開催地:ドイツ/ザクセンリンク

CIRCUIT DATA

■開設:1996年
■コース長:3.671km
■サーキットレコードラップ:1分21秒849(2011年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分21秒067(2008年:C・ストーナー)
■2013年の優勝者:M・マルケス

REPORT

モビスター・ヤマハ・MotoGP、ザクセンリンクに準備万端

雨に見舞われたダッチTTから2週間、モビスター・ヤマハ・MotoGPは、ザクセンリンクで開催される第9戦ドイツGPに挑む。前回のアッセンではV・ロッシが最後尾から追い上げて5位を獲得。一方のJ・ロレンソは、難しいコンディションに悩まされて苦しい展開を強いられた。今回はふたりとも、より混乱の少ないレース展開を望んでいる。

ロッシは同サーキットにおいて、MotoGPでの優勝4回を含めて合計10回の表彰台を獲得。今回も2年連続となる表彰台を狙っており、シリーズポイントで並ぶD・ペドロサとの差を広げようと意気込む。ふたりは第8戦終了時点でともに合計128ポイントを獲得しておりランキング争いが激しくなっている。

一方、昨年はフリープラクティス第2セッションで転倒負傷し、緊急手術のため決勝を欠場したロレンソ。今年は運気を変えて、ドイツのレースファンに持ち前の力強さをアピールしたいところ。一昨年までは4年連続で2位を獲得してきたが、表彰台の頂点は未踏。

ザクセンリンクはモータースポーツ・イベントの開催地として非常に長い歴史を持ち、同サーキットで初めてレースが行われたのは1927年。1996年には安全性を理由に再建が求められ、その完成後の1998年から再びMotoGPを開催。今回までの16年間には、2001年の大幅なレイアウト変更を含めていくつもの改修が行われてきた。多くのタイト・コーナーと12メートル幅のコースがオーバーテイクを難しくさせていて、世界でも最も低速のコースのひとつとして知られる。毎年、激しい接近戦が展開され、多くのファンを集めている。

COMMENT

■V・ロッシ選手談

「ヤマハとの2年間の契約更新が決まったので、このザクセンリンクがとても楽しみになっている。契約間近であることは、これまでずっと言ってきたけれど、それがようやく実現したんだ! これが僕にとってはとても重要なこと。今はとってもハッピーだよ! 前回のアッセンも悪くなかったけれど、このザクセンリンクはそれ以上にいいレースにしたい。コースは難しくてトリッキーでとても小さいけど気に入っている。ここ数年は好調だしね。ちょっと変わっていて他とは違う感じだけれど、いつも、いい走りができる場所なんだ。ドイツも天気に翻弄されることが多いので、今年は晴れに期待したい。そして好成績を目指すよ」

■J・ロレンソ選手談

「自信を持って臨んだアッセンが残念な結果に終わり、今は次の戦いに新たな照準を定めている。でもザクセンリンクはあまり好きなコースではないんだ… 昨年はここで2度目の転倒があり、鎖骨に入れていたプレートを損傷。そのため再度、手術が必要になり、そこからすべてが変わってしまったわけだからね。今シーズンも様々な理由で決してラッキーとは言えない状況だけれど、それを何とか打開したいと思っている。マシンはとても好調だし、チームのみんなが一生懸命にサポートしてくれていることは心から実感している。だから常に希望を失わず、いつものようにネバー・ギブ・アップの精神で戦い抜くよ」

■M・メレガリ、モビスター・ヤマハ・MotoGP、チーム・ディレクター談

「前回のアッセンは予期せぬことがたくさん起こり苦労した。そのあとだけに今回のザクセンリンクに期待している。アッセンでは天候の変化が状況を複雑にしてしまったが、そのなかでも我々は、ウエット、ドライともにしっかり対応できるマシンを用意することができたと自負している。そして今回は、その力を最大限に引き出し、今度こそ期待通りの成績を獲得できるようなチャンスが巡ってくることを願っている」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る