【新車】ホンダ、新型の軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」を発売

Hondaは、250ccの新型ロードスポーツモデル「CB250F」を、8月1日(金)に発売することを発表しました。

CB250Fは、開発の狙いを「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感!」と定めました。また、たくましくダイナミックなネイキッドスタイルとレスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンなどの採用により、開発コンセプトである「ニューライトシングルネイキッド」の具現化を図っています。

●販売計画台数(国内・年間)
1,500台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CB250F 464,400円(消費税抜き本体価格 430,000円)
CB250F ABS 515,160円(消費税抜き本体価格 477,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれていません

▼CB250F (ブラック)

▼CB250F<ABS> (ミレニアムレッド)

▼CBR250R用品装着車(カーボン調フロントフェンダー、シングルシートカウル)

スタイリングは、筋肉質のアスリートのように絞り込まれた「ストリートファイタースタイル」を実現。V字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが精悍なフロントスタイルを形成するとともに、フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルの採用によって、たくましく軽快なイメージとしています。

エンジンは、「CBR250R」にも搭載され、レスポンスが良く、力強い出力特性と優れた燃費性能で好評の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ単気筒250ccを搭載。低・中回転域で扱いやすく、高回転域まで伸びやかなフィーリングとしています。そして、60km/h定地走行テスト値で50.1km/Lという良好な燃費性能を実現しています。

車体は、トラス構造のダイヤモンドタイプフレームを採用したことで、しなやかな特性を持ち、軽快で安心感のあるハンドリングに寄与しています。サスペンションは、フロントにテレスコピックタイプを、リアには5段階調節のプリロードアジャスターを備えたプロリンクを採用。ハンドルには、CB250F専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライディングポジションにより、市街地での取り回しやすさに配慮した設計にしています。

メーターは、バーグラフ表示のタコメーターや燃料計、時計などさまざまな情報を液晶ディスプレイで表示する、視認性に優れた多機能なデジタルメーターを採用しています。

車体色は、ABSタイプも含めて、クールで精悍なイメージのブラックと、アグレッシブなイメージのミレニアムレッドの2種類を設定しています。

■お問い合わせ
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る