ホンダから250cc単気筒スポーツネイキッド「CB250F」登場!

ホンダが新型ロードスポーツモデル「CB250F」を発表。8月1日より発売を開始する。

CB250Fの開発コンセプトは「ニューライトシングルネイキッド」を具現化するために、逞しくダイナミックなネイキッドスタイルとレスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンを採用した。

スタイリングは最近の流行りである「ストリートファイタースタイル」で、先に発売されたCB650Fを連想されるV字シェイプのヘッドライトと小型フロントカウルを装備。フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルが精悍さを演出するワンポイントとなっている。

エンジンは「CBR250R」に搭載される水冷4ストDOHC4バルブ単気筒250ccを採用し、CBR同様、低中回転域で扱いやすく高回転域まで伸びやかなフィーリングとし、同じく走行テスト値でリッター50kmを超える優れた低燃費を実現した。

車体もCBRと共通のダイヤモンドタイプフレームを採用し、しなやかで軽快感のあるハンドリングを実現。フロントに正立フォーク、リヤにはプリロード調整付きプロリンクサスを採用するなど、足回りもパーツも共用となっている。

一方で、CB250F専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライポジとするなど、より市街地での扱いやすさを重視した仕様になっているのが特徴だ。STD仕様の他、ABS仕様も設定され、価格はそれぞれ46万4400円、51万5160円ということで、CBR250に比べるとそれぞれ3万円ほど安く設定されている。

ちなみに、CBR250との目立った違いといえば、フロントまわりの外装とライポジ以外にはほとんど見当たらず、スペックを見渡してみても、エンジン出力や車体サイズ、ディメンションも共通となっている。強いて言えば、車重が3kgほど軽くなっているぐらい。最近のホンダが得意としている、共通のエンジンとシャーシを使ってモデルを作り分ける、モジュラーコンセプトの一台である。良い悪いは抜きにして、今どきの2輪は作り方も4輪に近づいていると言えそうだ。

CBR250Rは他の同クラスのライバルに比べて、もともと車体が軽量で低中速トルクに厚い出力特性が特長だったこともあり、今度のCB250Fでもその強みがより生かされるはずだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】ホンダ、新型の軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る