ホンダから250cc単気筒スポーツネイキッド「CB250F」登場!

ホンダが新型ロードスポーツモデル「CB250F」を発表。8月1日より発売を開始する。

CB250Fの開発コンセプトは「ニューライトシングルネイキッド」を具現化するために、逞しくダイナミックなネイキッドスタイルとレスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンを採用した。

スタイリングは最近の流行りである「ストリートファイタースタイル」で、先に発売されたCB650Fを連想されるV字シェイプのヘッドライトと小型フロントカウルを装備。フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルが精悍さを演出するワンポイントとなっている。

エンジンは「CBR250R」に搭載される水冷4ストDOHC4バルブ単気筒250ccを採用し、CBR同様、低中回転域で扱いやすく高回転域まで伸びやかなフィーリングとし、同じく走行テスト値でリッター50kmを超える優れた低燃費を実現した。

車体もCBRと共通のダイヤモンドタイプフレームを採用し、しなやかで軽快感のあるハンドリングを実現。フロントに正立フォーク、リヤにはプリロード調整付きプロリンクサスを採用するなど、足回りもパーツも共用となっている。

一方で、CB250F専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライポジとするなど、より市街地での扱いやすさを重視した仕様になっているのが特徴だ。STD仕様の他、ABS仕様も設定され、価格はそれぞれ46万4400円、51万5160円ということで、CBR250に比べるとそれぞれ3万円ほど安く設定されている。

ちなみに、CBR250との目立った違いといえば、フロントまわりの外装とライポジ以外にはほとんど見当たらず、スペックを見渡してみても、エンジン出力や車体サイズ、ディメンションも共通となっている。強いて言えば、車重が3kgほど軽くなっているぐらい。最近のホンダが得意としている、共通のエンジンとシャーシを使ってモデルを作り分ける、モジュラーコンセプトの一台である。良い悪いは抜きにして、今どきの2輪は作り方も4輪に近づいていると言えそうだ。

CBR250Rは他の同クラスのライバルに比べて、もともと車体が軽量で低中速トルクに厚い出力特性が特長だったこともあり、今度のCB250Fでもその強みがより生かされるはずだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】ホンダ、新型の軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る