ライト感覚の2気筒スポーツ「MT-07」がついに発売!

ヤマハが「MT-09」に続くMTシリーズの第二弾として、「MT-07」を発表。ABS仕様の「MT-07A」とともに8月20日から発売開始となる。
「MT-07」“スポーツパッション&スマート”がコンセプトのミドルスポーツモデルである。ファッション性や街中での使い勝手、コストパフォーマンスに優れたモデルとして新たに開発され、「普段着感覚で楽しめる運転の楽しさ」や「バイクのある豊かな生活」を提唱していく。

エンジンは「MT-07」のために新開発された、水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ689cm3。当初からの目標である、シンプルで軽量なエンジンを実現するために、単気筒から4気筒まであらゆるエンジンレイアウトを検討しながら、求める機能と性能を突き詰めた結果、並列2気筒をチョイス。クランク角も180度や360度なども検討した上で、270度の持つスムーズなトルク特性を優先したという。270度クランクは、ピストンの上下動を回転に変換する際に生じる慣性トルクを最小限にできるため、結果としてスロットル操作に対してリニアなトラクションを得られるメリットがあるという。

こうした発想はMotoGPマシン「YZR-M1」や、「YZF-R1」に採用されているクロスプレーン型クランクシャフトとも共通で、さらには「MT-09」が採用する120度クランク直列3気筒もその設計思想によって誕生したものだとか。

フレームはスチール鋼管タイプだが、こちらも軽量コンパクトなエンジンの恩恵により、フレーム自体も軽くしなやかに仕上げられている。また、リアサスの車体側マウントをクランクケースに直付けすることでも、ユニットの軽量コンパクト化とフレームのしなやかさを確保するなど、徹底して“軽さ”こだわった。

デザインコンセプトは「クールアーバンスポーツ」。若者の支持を集める現代のストリートカルチャーからイメージを広げ、日常生活の中で男女を問わず気軽に扱えて、街でも目を引く自転車を参考にしたという。可能な限りシンプルでスリムな造形とすることで、人々の生活のなかに溶け込むデザインを狙ったものだ。

ヤマハによると、今回の「MT-07」の開発においては特別なものあえて使わず、ヤマハがこれまで培ってきた技術やノウハウを駆使し、ゼロから見直すことですべての無駄を徹底的に排除したのだとか。それ故、クラスを超えた軽量化とコストダウンが図れたのだろう。

ヤマハの新たなニュースタンダードと位置付ける「MT-07」。一足早く先行発売した3気筒モデル「MT-09」のアグレッシブな走りとはまた一味違う、独自の世界観で多くのファンを楽しませてくれるはずだ。

なお、ヤマハのホームページには、「MT-07スペシャルサイト」も公開中で、開発者のインタビューや販売店インプレッションなども掲載中なので、ぜひ参考にされたし。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】ヤマハ、普段着感覚で走りを楽しめるスマートな大型二輪モデル「MT-07」「MT-07A」新発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る