映画とバイク

この原稿を書いている今も雨がシトシト降っています。いつになったらカラッと晴れてくれるのでしょう……。そんな日は気分を変えて、映画でもいかが。

実は私、バイクと同じぐらい映画が好きで、何かイヤなことがあると映画の世界に逃避するクセがあります(笑)。ジャンルはシリアスな社会派から年甲斐もなくロマンスや冒険活劇、SFなども大好きです。中でもバイクが出てくるアクションものはやはり外せなく、ついつい映画館に足を運んでしまいます。

ちょっと前になりますが、お気に入りの1本が「オブリビオン」。トム・クルーズ主演のSFスリラーですが、まず映像美が素晴らしい。人がいなくなり荒廃した未来の地球が舞台なのですが、圧倒的なスケールでその孤独で美しい世界感を描いています。そこに、どこか影のある人物として登場したトム様が、廃墟と化した砂漠の中をオフロードバイクで突っ走っていきます。このシーンはかぶりつきで見ましたが、けっこうな速度で段差をジャンプしたりしています! しかもノーヘルで。

これはスタントマンに違いない、と思いつつも気になっていたので、後日DVDを借りて入念にチェックしてみました。ラッキーなことに特典映像に問題のシーンの舞台裏が公開されていました、がなんと、トム様ご本人がやってらっしゃるではないですか! しかも、ジャンプに失敗して頭から地面に突っ込むNGシーンまで活写されていました。でも、さすがはハリウッドスター。顔だけはうまく避けて、転がっています(笑)。トム様は他の作品でもスタントマンは極力使わないと聞いていましたが、いやー驚きました。その役者根性、あっぱれですね。同じアラフィフ世代として、素直にカッコいいと思います。

私の場合、バイクとの出会いも映画からでしたが、やはり”カッコよくなりたい”がバイクに乗り始めた動機だったと記憶しています。若者のバイク離れが言われて久しいですが、もしかしたらバイクのカッコよさがメッセージとして十分届いていないのかもしれません。それをどう伝えていくかがこれからの課題かもしれませんね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る