【新車】スズキ、4ストロークモトクロッサー「RM-Z250」をマイナーチェンジして発売

スズキは、4ストローク249cm3モトクロッサー「RM-Z250」をマイナーチェンジして、2014年9月3日より発売する。

※以下リリースより

■主な変更点
・エンジンプロテクター(左/右)、リアディスクガード、リヤキャリパーガード、ブレーキホースガイド (前/後)色の変更 (白→黒)
・シート上面色を変更 (赤→灰)
・ラジエターシュラウドデカールデザインの変更
・「RENTHAL」バーパッド色の変更 (赤→黒)

●主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

■主な特長
・ ピストン裏面の片側にリブを配置することで、潤滑性を確保しながら強度アップ及び軽量化を実現
・ 5速トランスミッションは、滑らかで確実なシフトフィーリングを実現
・ フロントフォークには、SHOWA製SFF(Separated Function Fork)を採用し、軽量化と高い吸収性をもたらしている

商品名 メーカー希望小売価格 発売日
RM-Z250
(RM-Z250L5)
¥745,200(消費税抜き¥690,000) 2014年9月3日

車体色1色: チャンピオンイエローNo.2/ソリッドブラック (GY8)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る