[Speed of Japan]BSB Rd.4 決勝レース1 清成がBMWにBSB初表彰台を優勝でプレゼント

イギリス・ノックヒルで開催されたイギリススーパーバイク選手権(BSB)第4戦決勝レース1で、ポールポジションからスタートした清成龍一は今季初優勝。清成がBSBで優勝を果たしたのは2011年の第5戦以来3年ぶり。これで清成は同シリーズ通算44勝とし、歴代2位の勝ち数。

清成はホールショットを決めると安定したペースで後続を離し、終始リードを保ち優勝。2位のシェーン・バーンに4.861秒の差をつけて、貫禄の優勝をした。清成はポイントランキングでも一気に6位まで順位を上げた。タイトル獲得への権利がある、ザショーダウン圏内に入って来た。

決勝第2レースは日本時間の6月30日午前0時30よりスタートする予定。

(photo by doublered)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  2. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
  3. LS-MXは元NECのエンジニアが自らの眼で選んだ製品のみを輸入販売するリスウェイのバイク用…
  4. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
ページ上部へ戻る