MotoGP B.パークスが今季初転倒後に自己最高位を獲得

天候により、決断が左右した決勝レースで、他車と接触したウォームアップランで今季初転倒を喫した31歳の新人パークスが、スリックタイヤでスタートすることを強いられたが、1番時計を連発して、一時は6番手を走行。今季初めて1分以内でフィニッシュすることに成功した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る