[MFJ]JRR Rd.4 J-GP2 決勝 井筒仁康が雨のレースを制してクラス初優勝!

第4戦SUGO J-GP2 決勝レース

JSB1000でのオイル処理に時間がかかったものの、決勝スタートが切られたJ-GP2クラス。ホールショットは絶妙なダッシュを見せた高橋裕紀が奪い、そのままトップでオープニングラップを戻って来た。後方にはデチャ・クライサー、浦本修充、亀谷長純、生形秀之らが続く。しかし、高橋のインから井筒仁康がトップを奪うと、得意のレインコンディションの中ハイペースで周回していく。5周目には早くも2秒以上の差を2番手んも高橋につけた井筒は、結局そのまま他者を寄せ付けずに絶対的な自信を持つウエット状況でクラス初優勝を果たした。

一方、2位争いは終盤ペースの上がらない高橋を浦本、生形が続けてかわし、浦本はファステストラップで井筒を追うが、及ばず2位表彰台を獲得した。生形が3位、高橋は4位でレースを終えた。

詳しいリザルトはこちら
▼MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  2. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
  3. LS-MXは元NECのエンジニアが自らの眼で選んだ製品のみを輸入販売するリスウェイのバイク用…
  4. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
ページ上部へ戻る