[MFJ]JRR Rd.4 ST600 決勝 日浦大治朗が大荒れのレースで全日本初優勝!

第4戦SUGO ST600 決勝レース

ST600クラスの決勝レース(減算で18周)は、横江竜司が好スタートでホールショットを奪い、そのままトップでレースをリードしていく。2番手以降にはチャランポン・ポラマイ、篠崎佐助らが続く。しかし、断続的に強い雨が降るコースはスリッピーで、6周目にトップの横江が転倒し姿を消すと、その後はサバイバルレースの様相を呈する。

横江の転倒でトップになったチャランポンを2番手の篠崎がかわしてトップに立つものの、14周目にハイポイントコーナーで転倒。代わってトップとなった稲垣誠が今度はレインボーコーナーで転倒、とレース終盤に入ってトップが次々と入れ替わる。最終的に日浦大治朗がトップに立ち、残り周回を走り切って、嬉しい全日本初優勝を飾った。2位にはチャランポン、予選18番手から追い上げた石塚健が3位に入った。

詳しいリザルトはこちら
▼MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る