MotoGP A.ドビツィオーソ、路面状態を把握してドゥカティでの自己最高位を獲得

昨年の33秒差を詰めることを目標に乗り込んで来たドビツィオーソが、ドゥカティでの最高位、2012年9月の第14戦アラゴンGP以来となる2位を獲得。路面の状況を正確に把握したことが、今季2度目の表彰台を獲得する要因だったことを説明した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る