[MFJ]JRR Rd.4 J-GP2 予選 井筒仁康、最後の大逆転でポールポジション!

第4戦SUGO J-GP2 公式予選

さらにヘビーレインとなった全日本最後となるJ-GP2の公式予選。セッション序盤は1分40秒748で井筒仁康がトップをキープ。序盤から中盤に向けて雨はいよいよ激しくなり、タイムはなかなか上がらない。前半を終えた順位はトップが井筒、40秒8で高橋裕紀、星野知也が40秒985、亀谷長純が41秒294、デチャ・クライサーが41秒333で続く。

それでも終盤に入ると雨を攻略したライダーがタイムアップを果たし、続々とトップを入れ替えるパフォーマンスを見せた。亀谷、生形秀之、井筒とトップが入れ替わる中、高橋が39秒787に入れてトップに浮上。しかし、その直後に亀谷が39秒346へとタイムアップ、再びトップに浮上した。チェッカーが降られ、ここまでかと思った次の瞬間、井筒が全計測セクションでベストタイムを更新、38秒382のタイムで見事ポールポジションを獲得した。2番手はこちらも最終周回にタイムアップした生形が39秒004で獲得、3番手に亀谷、高橋、浦本修充、小山知良と続く。

詳しいリザルトはこちら
▼MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ▲RSV4 RF 生粋のイタリアンブランド「…
  2. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  3. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  4. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
ページ上部へ戻る