[aprilia]SBK Rd.7 スペシャルカラーのRSV4でメランドリがレース1、2で3位表彰台を獲得

2014年スーパーバイク世界選手権のシーズン第7戦が、6月22日、かつて80年代にサンマリノ・グランプリとして行われていたイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されました。

ミサノはアプリリアにとって母国イタリアのコースであると共に、初のチャンピオンシップタイトルを手中に収めた記念碑としての地でもあります。1987年にロリス・レジアーニが2位に7秒以上の大差をつけて勝利し、その後のアプリリアの栄光の道標となったミサノでのレース開催を祝し、この日、チームは87年当時のカラーリングを再現した特別なRSV4 Factoryで戦いに挑みました。アプリリアレーシング勢はレース1、2共にメランドリが3位を獲得、ギュントーリはレース1で5位、レース2で4位と、表彰台に一歩及ばずフィニッシュしました。この結果を受け、ギュントーリはライダーズスタンディングでトップから39ポイント差で2位の座を堅守し、メランドリも5位をキープしています。

マニュファクチャラーズスタンディングでは、トップのカワサキから22ポイント差で2位の座を守り、シーズン後半戦での巻き返しを狙います。レース1最初の周回、メランドリは集団から抜け出すことができず8位のポジションでしたが、そこから持てる技術を総動員し、最終的に3位フィニッシュまで追い上げる力走を見せます。レース2では、トム・サイクス(カワサキ)の先行を許すも、ロリス・バズ(カワサキ)との熱いバトルを繰り広げ、イタリアの観客を魅了しました。一方ギュントーリは5位、4位と両レースで上位入賞し手堅くポイントを獲得。ライダーズスタンディングでロリス・バズの追撃をかわし、ランキング2位の座を守り抜きました。

次戦第8戦はポルトガル・ポルティマンにて開催されます。引き続きアプリリアレーシングへの応援をよろしくお願いいたします。

■ライダーコメント

マルコ・メランドリ(#33)
「今日は走りもバイクの仕上がりも良かったよ。レース1のスタートではいくつかミスをしてしまったけれど、その後、先行するライダーをパスできたからね。でも、カワサキのライダー達は別だった。ただ一言彼らは速かったよ。レース2の結果にはガッカリだ。スタッフのガレージ作業のおかげで遅れを取り戻すことができたのにね。このコースでライバルをパスするのは難しいし、今日のバズ(カワサキ)はミスも無く、非常に良い走りをしていたからね。今日の調子ならサイクス(カワサキ)に勝負を仕掛けることもできたはずだし、結果ももう少し違ったはずだけれど、そこまで至らなかったね。チームが取り組んできたことを全て発揮できなかったのが悔やまれるよ。セパンでの勝利以降、コンスタントに良いラップタイムを出せていたし、メンタル面でも良い方向に向かっているから、もっと上のポジションを狙っていくよ。次のポルティマンは僕たちに有利なレイアウトだから期待しているよ」

シルバン・ギュントーリ(#50)
「ライダーズスタンディング2位のポジションを守ることはできたけれど、目標はもっと高く設定してるんだ。スピードに自信はあるけれど、レースのペースに関わらず、高いパフォーマンスを発揮し続けることが重要だと思う。レース1ではタイヤのチョイスをミスしてしまったけれど、レース2ではそれを修正できたし、バイクのジオメトリーも変更してトップとの差を縮めることができたんだ。けれどマルコやバズと並んだ時にいくつかミスをしてしまい、それが影響して表彰台を逃してしまった。もしレース3があればもっといい結果を出せていたと思うよ。冗談はさておき、次戦以降も着実にレースを続けていかないとね」

【レース1】
第1位 トム・サイクス カワサキ ZX-10R
第2位 ロリス・バズ カワサキ ZX-10R
第3位 マルコ・メランドリ アプリリア RSV4 Factory
第4位 チャズ・デイヴィス ドゥカティ 1199 Panigale R
第5位 シルバン・ギュントーリ アプリリア RSV4 Factory
第6位 トニ・エリアス アプリリア RSV4 Factory

【レース2】
第1位 トム・サイクス カワサキ ZX-10R
第2位 ロリス・バズ カワサキ ZX-10R
第3位 マルコ・メランドリ アプリリア RSV4 Factory
第4位 シルバン・ギュントーリ アプリリア RSV4 Factory
第5位 ジョナサン・レイ ホンダ CBR1000RR
第6位 トニ・エリアス アプリリア RSV4 Factory

【ライダーズスタンディング】
第1位 トム・サイクス カワサキ 251ポイント
第2位 シルバン・ギュントーリ アプリリア 212ポイント
第3位 ロリス・バズ カワサキ 210ポイント
第4位 ジョナサン・レイ ホンダ 199ポイント
第5位 マルコ・メランドリ アプリリア 179ポイント

【マニュファクチャラーズスタンディング】
第1位 カワサキ 266ポイント
第2位 アプリリア 244ポイント
第3位 ホンダ 199ポイント
第4位 ドゥカティ 178ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る