【新車】英アリエルがフルカスタマイズ可能な新モデルのAceを発表

イギリスのアリエル・モーター・カンパニーがバイクの新型車Aceを追加したと発表しました。

小規模生産のバックヤードビルダーである同社は、スポーツカーのAtomで知られていますが、今回発表したバイクは4輪のAtom同様の特徴的なトラス形状のフレームを備えています。エンジンは、ホンダの1237ccのV4を採用しています。この新型車は、来年から年間100台から150台という規模で生産が始まり、すでに受注も受け付けています。

XXX

XXX

XXX

以下、同社HPより意訳

アリエルが作る他の車両同様、このAceでもひとりひとりの顧客にあったカスタムとフィッティングが施されます。車高の低いクルーザーから、ストリート、ネイキッド、スーパースポーツまで、顧客の要望に合わせてAceは作られます。フットレスト、ブレーキ・ギアレバー、シート高は調節可能で、ハンドルバーも顧客のライディングポジションに合わされます。

「自動車の世界のサヴィル・ロウ(背広の語源ともなったテーラーメイドで紳士服を作る店が集まったロンドンの通りの名前)」と称されてきたアリエルですが、大規模生産では不可能なテーラーメイドのアプローチを取り入れており、少量生産ならではの品質に拘っています。Aceもまた、さまざまなカスタムが可能で、前後サスペンション、シート、容量の異なるタンク、ハンドルバー、ホイール、エグゾーストシステム、ボディワークやカラーなどを変更することができます。

同社ディレクターのサイモン・サンダースのコメント
「ライダーは自分のマシンに本物の情熱をもっています。自分だけのものとするのが好みで、他の人が持っている何百、何千というバイクと同じであることを好みません。スタンダードなバイクを買ってからアフターマーケットのパーツを取り付けて気に入ったように改造するというのが通常ですが、Aceは作られた時から1台1台が違っており、オーナーに最適化されているのです。

最初に公開した写真は同モデルで可能な2つのバリエーションだけを示したものです。しかし、組み合わせはほとんど無限大で今後もオプションを追加していく予定です。どんな顧客の要望であっても、我々はそれを理解して、彼らが望むようにバイクを作ります」

【関連ニュース】
Ariel Launch the all new Ace motorcycle

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る