[YAMAHA]WMX Rd.11 MXGP ファン・フォルベークがドイツでまたもポディウムフィニッシュ

■大会名称:2014年第11戦ドイツGP
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年6月22日
■開催地:トイチェンタル(コース長:1,780m)
■天候:ドライ

FIMモトクロス世界選手権第11戦ドイツ・グランプリでYamaha Factory RacingのJ・ファン・フォルベークが総合3位に入り、10戦連続となるポディウムフィニッシュを決めた。

昨年晩夏のモトクロス・オブ・ネイションズ開催の後、FIM世界選手権のサーキットに復帰したこの歴史的コース。タルケッセルに位置する急な上り下りの短いこのサーキットには31,000人のファンが訪れた。ドイツのハードパックは、MXGPとMX2クラスのレースが行われてわだちとバンプができる中、ヤマハのオフロードレーシングの選手たちの活躍に期待された。特にMXGPの・ファン・フォルベークはYZ450FMでの最初のシーズンに輝きを放ち続けている。

「体調不良」の中でドイツにやって来たにもかかわらず、ファン・フォルベークはゼッケン「89」をつけた自身のバイクをパワフルに、スムーズにコントロールして見せた。レース当日、唯一障害となったのは30分と2ラップで争われる2つのレースのスタートだった。ファン・フォルベークは第1ヒートで4位まで上がり、そこからA・カイローリ(KTM)と激しく、見ごたえのある、素晴らしいバトルを開始した。 世界チャンピオン、カイローリはファン・フォルベークをパスしようとトライするが、巧みなライディングでそれを許さなかった。 第2ヒートでは5位からの追い上げを強いられるが、ファン・フォルベークはS・シンプソン(KTM)をかわすと、楽に3位まで順位を上げた。 レースを終えて、ファン・フォルベークは依然MXGP王座を充分狙えるレッドプレートから37ポイント差の3位に就けている。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツはタルケッセルで好走した。9か月前のネイションズで記念すべきトップ3リザルトを母国イタリアにもたらしたフィリッパーツ。トイチェンタルはフィリッパーツにとって2007年にMXGP/MX1グランプリ初優勝を遂げた地でもある。このグランプリで、フィリッパーツは自身のチームから参加し、往時を彷彿とさせた。

第1ヒートではフロントブレーキのトラブルにより苦戦。終盤、同国人のD・グァルネリ(TM)の攻めにあうが、これを振り切り11位でフィニッシュした。第2ヒートはスタートよく飛び出したフィリッパーツはトップ10内に就ける。期待の持てるスピードを維持し、第1ヒートのウイナー、M・ナグル(ホンダ)をしりぞけて6位でゴール。総合成績で8位となった。この結果25ポイントを獲得したフィリッパーツは選手権ランキングで9位に浮上した。

先週のイタリア・グランプリ開催時よりも腰と首の具合はわずかに改善しているBike it Yamaha CosworthのR・ゴンサルビスは、平凡なスタートを悔いながら、両ヒートをそれぞれ14位と13位で終えた。第1ヒートでは排気系のトラブルによりパワーに影響が出て、第2ヒートでは追い越しに若干問題があった。期待の持てる部分と若干の失敗のあったゴンサルビスはMXGPポイントランキングで12位に位置している。

1週間のオフの後、FIMモトクロス世界選手権は、MXGP開催サーキットの中でも主要なサーキット、ウッデバラで行われるスウェーデン・グランプリを迎える。ゴテンバーグの北、ウッデバラのターンと下りはタルケッセルに似ており、ヤマハのライダーにとって、スカンジナビアのファンの前で輝きを見せるチャンスとなるだろう。

コメント
■MXGP:J・ファン・フォルベーク選手談(4位/3位:総合3位)
「決して楽ではなかった。今週ずっと体調不良で練習もできなかったし、この週末に調子を合わせることができなかった。昨日はエネルギーがたくさんあったけど、今日はそうでもなかった。スタートがわるくて追い上げなければならなかった・・・途中たくさん石を食らいながらね。チェストプロテクターを装備していても、かなり痛かったよ。最終的に表彰台に立てたので良い一日となったし、よろこばなければならない。目下10連続、やればできる」

■MXGP:D・フィリッパーツ選手談(11位/6位:総合8位)
「今日に関してはいい感じだ。スタートが良ければトップ6以内に入れることはわかっている。自分の身体能力は安定しているし、強力だ。第1ヒートではフロントブレーキを壊してしまい、コーナーでオーバーランの連続だった。終盤にはラインに注意しなければならなかったが、リズムをつかんだのでグァルネリを再びパスすることができた。第2ヒートのスタートは良くなっていたけど、ポティゼクの後ろで行く手を阻まれてしまい、3ラップをロスした。彼をとらえてからは行けたよ。サーレとナグルがプレッシャーをかけてきたけど、6位でフィニッシュしたし、最後まで速かったよ。最後にあの適切なフィーリングを得るのは重要なことだ」

■MXGP:R・ゴンサルビス選手談(14位/13位:総合15位)
「この週末、良い感じだったし、身体は少し回復している。週末を通して速さはあったし、かなり良い感じだったけど、ここではスタートがキーポイントで、今日はそれがうまくできなかった。第1ヒートでは後方にいて、パイプに少し問題があってバイクがちゃんと走らなかった。第2ヒートに向けてチームが修復してくれたので、はるかに良くなった。最後までプッシュして可能なかぎり順位を上げた。かなりの接近戦だった。前を走っている連中よりも速いように感じたけど、追い抜きは難しかった。得た結果に満足しなければならないし、次に向けてがんばらなければならない。好スタートが総合成績に大きくものをいう。Bike it Yamaha Cosworthチームがやってくれた仕事に感謝しなければならない」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る