[HONDA]MXGP ナグル選手がドイツGPからレースに復帰

Team HRCのマキシミリアン・ナグル選手はケガから回復し、今週末にホームグランプリであるドイツ・トイチェンタルでのレースでMXGPへの復帰を果たします。

ナグル選手は、4月に行われたテストでのクラッシュ以降、欠場が続いていましたが、地元のファンの前で、再びCRF450RWを駆る姿を見せてくれることでしょう。

残念ながら、バブリシェフ選手は先週のイタリアGPで5番手を走行中に起きたアクシデントで、左足のけい骨と腓骨を骨折したことによって、欠場を余儀なくされるため、チームがどちらか一方のライダーを欠くという不運は続きます。

トイチェンタルは、1966年に初開催されて以来、モトクロスのグランプリの舞台であり続けてきました。長い歴史を持つこの会場は、土の路面で、急斜面やタイトな曲がりくねったセクションが織り交ぜられており、多くの観衆を魅了しています。

予報では、天候は晴れ、気温は20℃前後となっており、理想的なレースコンディションとなる見込みです。

コメント
マキシミリアン・ナグル選手

「まず、レースに戻ってくることができて、本当にうれしいですし、ワクワクしています。そして、その場所がホームグランプリですから、その思いは一層強まります。

このコースはよく知っていますし、ファンの存在が私を後押ししてくれます。トイチェンタルでは、観衆が本当に近くにいますから、彼らの声援がよく聞こえますし、特別な力を与えてくれます。これまでもいい成績を収めてきたサーキットなので、本当に楽しみです。

100%の状態になるまでは復帰したくないと言ってきましたが、残念ながらまだそこまでは回復していません。完全に回復するまでにはもう少しかかると思いますが、腕の痛みは1週間前よりも引いています。先週は十分なトレーニングができないほどの痛みがありましたが、だんだんよくなっていると感じていますので、マシンに乗ることはできると思います。

明日、ハードパック路面でのテストを行い、どうなるか様子を見るつもりですが、トイチェンタルでの復帰を本当に楽しみにしていますので、問題はないと思います」

ロジャー・ハーベイ HRC ゼネラルマネージャー
「トイチェンタルは、かなり難しいコースで、とてもタフな戦いになるでしょう。コースはテクニカルで、見せ場が多くあります。マックス(ナグル)にとっては、ホームグランプリですから、彼は成功を願っていますし、私たちも彼自身の復帰をとても喜んでいます。

このタイミングでの復帰は、彼が準備できたと判断したことに加え、今大会では多くのファンがいてサポートを得られるからでもあります。

マックスはトイチェンタルでいつもいい成績を残してきたので、ベストな結果が出ればとは思いますが、まずは無事にレースウイークが終わってほしいと願っています。我々は彼の結果を予想していませんし、まずは復帰を果たすことが先決で、状況の評価はドイツGPが終わってからと考えています。

また、イタリアでのケガによるボビー(バブリシェフ)の欠場は残念ですが、手術はうまくいきましたし、彼が早く回復して復帰できることを願っています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る