2014MotoGP日本グランプリのワイルドカード募集について

2014年10月10〜12日、ツインリンクもてぎにて開催される「MotoGP日本グランプリ」のMotoGP、Moto2、Moto3クラスのワイルドカード参戦ライダーの募集を行います。
応募に対しては、下記条件(規則より抜粋)を満たすチーム・ライダーとなります。


1) MFJロードレース国際ライセンス所持者
2) 年齢は下記の年齢条件を満たしていなければならない。
  ・最低年齢 Moto3:16歳  Moto2:16歳(最低年齢は、当該大会時点での年齢)
  ・最高年齢 Moto3:25歳  Moto2:50歳(基準は、2014年1月1日現在。)
3) その他
  過去3回の大会にワイルドカードで出場したライダーはワイルドカードとして同じクラスにエントリーすることはできない。(MSMAワイルドカードを除く)
4) Moto2、Moto3クラス特記事項 別途資料(エントリーフォーム)参照

<募集内容>
MotoGP、Moto2、Moto3 ワイルドカード 各クラス最大2名まで
Moto2、Moto3クラスのワイルドカードは、FIM、各国協会、ドルナから申請することができる。
申請資格は、参戦費用およびマシンの準備することのできるチーム、選手からの公募制とする。
応募者多数の場合、下記、優先順位を適用し、日本グランプリワイルドカード候補としてFIMに申請いたします。
ただし、全てのワイルドカード者の参戦可否はグランプリ委員会によって決定され、MFJよりチームに連絡します。

<優先順位>
・2名を超える申請の場合の優先順位は、下記のとおりとする。
1) Moto2、Moto3クラスともに、2014年全日本選手権当該クラス 第4戦 SUGO大会までのシリーズランキングの成績上位者から
  ワイルドカード選抜の優先順位を与える。
  ・Moto2クラスは、J-GP2クラスの成績順
  ・Moto3クラスは、J-GP3クラスの成績順
  複数の応募者の中から、成績上位者の2名を、ワイルドカード候補としてFIMに申請する。
2) その他 (上記にて該当者のなき場合は別途検討する。)

<応募締切日>
 2014年 8月8日(金) (必着)

<申し込み先>
ワイルドカード希望者は、下記PDFをご確認の上、エントリー用紙(Wild Card Entry Form)に英語表記にて記入し、
下記までメールまたはFAXにてお送りください。
 Eメール : goto@mfj.or.jp  FAX : 03-5565-0907907

MotoGPワイルドカード手順(案内文書和訳)

MotoGP Wild Card Entry Form

関連記事

編集部おすすめ

  1. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  2. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  3. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
  4. トライアンフ史上最高にパワフルなモデルに新色登場 トライアンフモーターサイクルズジャパンは…
ページ上部へ戻る