MotoGP ドゥカティ、ドビツィオーソが手応えもクラッチローは厳しい表情

決勝レースで8位だったドビツィオーソが、レースのトータルタイムを昨年から16秒縮小させたことに成功。2戦連続4度目のリタイヤを強いられたクラッチローは苦虫を噛み潰した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る