MotoGP ドゥカティ、ドビツィオーソが手応えもクラッチローは厳しい表情

決勝レースで8位だったドビツィオーソが、レースのトータルタイムを昨年から16秒縮小させたことに成功。2戦連続4度目のリタイヤを強いられたクラッチローは苦虫を噛み潰した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る