ツインリンクもてぎ、MotoGP第15戦日本GP開催概要を発表

10月10日(金)よりツインリンクもてぎで開催される2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリの開催概要が発表された。

ツインリンクもてぎで16回目の開催となる本年、最終コーナーから1コーナー間のオーバルコース上に「ビクトリースタンド」が新設され、時速300キロ以上で走るMotoGPマシンを間近で観戦できるようになる。今までツインリンクもてぎのメインスタンドは、オーバルコースを挟んでの観戦となっていたため、多くのモータースポーツファンから「マシンが遠い」という声が上がっていた。今回の「ビクトリースタンド」新設はそれらのファンの声に応えるものとなり、今まで以上に世界最高峰の二輪レース「MotoGP」の迫力を感じることができるようになる。

今年3年目となる「グランプリロードR123パレード」のPR大使として、バイク好きで知られるチュートリアルの福田充徳さんのPR大使就任が発表された。10月11日(土)に開催される「グランプリロードR123パレード」にはチュートリアル福田さん、元MotoGPレーサー中野真矢さんを始め、往年のレジェンドライダー、ケビン・シュワンツ氏も参加する予定。

また、同日夜に開催されるMotoGP日本グランプリ前夜祭「MotoGPクラブナイト」にもケビン・シュワンツ氏、ミック・ドゥーハン氏が参加するトークショーが開催される。

今年もツインリンクもてぎではバイク来場者向けの特典を多数用意。バイク来場者限定の大抽選会やツインリンクもてぎ場内で使える金券のキャッシュバック、新しく二輪免許を取得したライダーを無料で日本グランプリに招待する「若葉ライダー割り0円」などお得なキャンペーンが開催される。

詳細はツインリンクもてぎHPまで
http://www.twinring.jp/

前売り券チケットは7月12日(土)から販売開始予定。
※Webikeでも販売を予定しています。

以下リリースより

■2014年10月10日(金)〜12日(日)
 2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ
 開催概要のご案内

◆2014年MotoGP日本グランプリ トピックス

《スペシャルトピックス》
ロードコース間近に「ビクトリースタンド」を新設

《イベント・トピックス》
ケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン来場決定 

《MotoGP 特別観戦キャンペーン》
今年もキャンペーンをさらにパワーアップし、より多くのお客様に
MotoGP日本グランプリの魅力を体感いただきます。
  
 
《チケットトピックス》
・2014年7月12日(土)10:00〜 チケット販売開始!!

・引き続き お子さまの観戦料金が無料に!

・数量限定のスペシャルチケットを販売!

・Honda、YAMAHA、DUCATI のメーカーサポーターズシートが今年も登場!

・「スイート」でゆったり優雅にレース観戦!

・人気の「パドックパス」、「ピットウォークパス」を販売

▼ビクトリースタンドイメージ図

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る