[HONDA]スイングアーム不具合によるCB650F/CBR650Fのサービスキャンペーン

■改修の開始日
平成26年6月18日

■不具合の内容
スイングアームの取付け構造が不適切なため、ピボットナット締付け時にワッシャー座面とのかじりによりスイングアームの締付け力が不足しているものがあります。そのため、後付け用品のトップボックスを取付けた状態で高速走行を行うと車体が振動するおそれがあります。

■改善の内容
ピボットボルトのナットとワッシャーを対策品に交換し、規定トルクで締付けます。尚、改善に伴い、エンジンをフレームに固定するためのリヤアッパーエンジンハンガーのナットを適切なトルクで締付けます。

■使用者に周知させるための措置
ダイレクトメール等で通知します。

■車名 ホンダ
■型式 EBL-RC83
■通称名 CB650F/CB650F/CBR650F
■対象車の車台番号の範囲及び製作期間
RC83-1000016〜RC83-1000392
(製作期間の全体の範囲)
平成26年4月4日〜平成26年5月8日
■対象車の台数 329
備考

※対象範囲の一部には、改修対象でない車両も含まれています。

対策後の識別:車台番号打刻部付近に銀色のラベル(KB76)を貼り付けます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る