[YAMAHA]WMX Rd.10 ファン・フォルベークが9戦連続のポディウムフィニッシュ

■大会名称:2014年第10戦イタリアGP
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年6月15日
■開催地:マジオーラ(コース長:1,700m)
■天候: 曇り

2014年FIMモトクロス世界選手権・第10戦イタリア・グランプリで、Yamaha Factory Racing のJ・ファン・フォルベークがYZ450FMを駆って総合2位に入り、9戦連続となるポディウムフィニッシュを飾った。一方、DP19 YamahaのD・フィリッパーツも総合5位に入り、ヤマハのライダー2人がトップ5フィニッシュを果たした。

グランプリの舞台となったマジョーラ・サーキットには35,000人の観客が集まり、イタリア人ライダーのフィリッパーツに大きな声援を送った。土曜日、ファン・フォルベークは、プラクティスから力走して各セッションで最速ラップをマークし、ポールポジションを獲得。日曜日の決勝に向けて完璧な準備を整えた。ところが、夜の間に降った雨により、柔らかくスリッピーで、わだちができやすいコンディションへと変化。決勝当日は曇り空のもとで行われ気温が上がり、ウエットからドライへとコンディションが変化する中で行われた。

第1ヒート、ファン・フォルベークはまずまずのスタートを見せたが、ミスをおかして3位から4位へと順位を落としてしまう。そこからはS・フロサード(カワサキ)をとらえるべくハードなライディングを強いられたが、これをかわし、A・カイローリ(KTM)に続く2位でフィニッシュ。

続く第2ヒートではスタートからカイローリに続く2位につけると、序盤はそのカイローリにプレッシャーをかける。しかし、地元グランプリを走る世界チャンピオン、カイローリには及ばず2位となり、総合成績でも2位となった。これによりランキングで3位につけるファン・フォルベークは、2位のC・ドゥサル(スズキ)とのポイント差を3に詰めた。

ヤマハで世界チャンピオンを獲得しているフィリッパーツは、地元の声援を受けて力走するが、第1ヒートはS・シンプソン(KTM)との長いバトルの末9位。第2ヒートでもシンプソンと5位を巡るバトルを展開したフィリッパーツは、これを制して5位でフィニッシュすると、総合成績ではシーズンベストとなる5位を獲得した。

Bike it Yamaha CosworthのR・ゴンサルビスは1週間前にポルトガルで激しく転倒しており、腰と首の痛みを押しての参加となった。これにより、第1ヒートを最後まで走り切ることはできなかったが、第2ヒートには痛み止めにより完走し11位でチェッカー。総合成績15位で今グランプリを終えた。

XXX

MX2:ペトロフがトップ10フィニッシュ

2014年FIMモトクロス世界選手権第10戦イタリア・グランプリのMX2クラスで、Kemea Yamaha RacingのP・ペトロフが各ヒートをそれぞれ9位、11位とし総合9位に入った。チームメイトのL・スタイルが2週間前のフランス・グランプリで胸部を負傷して欠場したため、ペトロフはチーム唯一のライダーとして今GPに参戦した。

第1ヒート、ペトロフはレースの大半で5位をキープしていたが、T・ガイゼル(ホンダ)のプレッシャーを受けて14周目にスリップ。9位に後退し、そのままフィニッシュした。続く第2ヒートではスタートで判断ミスをおかし最後尾からスタート。その後は着実に追い上げを披露。ラインを見つけて飛び込み、前車とのギャップを詰めて行くと、11位まで順位を上げてフィニッシュした。

Bike it Yamaha CosworthのM・アンスティは、土曜日の走行で不運に見舞われ、グリッド位置がラストとなったが、第1ヒートで8位を獲得。ところが第2ヒートではリアのショックアブソーバーにトラブルが発生、ピットインしたものの、上り坂に対応することができず、リタイア。総合結果での上位入賞のチャンスを絶たれた。

Yamaha Factory Racing のC・シャリエは、最近受けたひざの手術の後、チームのホームグランプリに向けたトレーニングが間に合わず、レース参加を断念した。ヨーロッパのプレスとファン向けに初めて行われたYZ250F2015年仕様のプレゼンテーションに姿を見せたシャリエは、この後、イタリアで集中的なトレーニングを行い、可能な場合は来週のドイツ・グランプリに向けたコースでの走行も行う。

XXX

COMMENT

MXGP:J・ファン・フォルベーク選手談(2位/2位:総合2位)
「この週末を通してすごく調子が良かったので、今日は勝ちにいったが、決して楽なレースではなかった。いい走りをしたけど、第2ヒートではトニーの方がもっと良かった。彼から離されてしまってからはスムーズで安全に走ることに徹した。またポディウムに立てたことをすごく喜んでいるし、着実に前進できている。チームマネージャーであり僕のボスであるミケーレ・リナルディに大いに感謝している。すごく良いサポートで、なんらプレッシャーを受けなかった」

MXGP:D・フィリッパーツ選手談(9位/5位:総合5位)
「すごくうれしい結果だ。昨年はここで大きな転倒をしているし、難しいコースだということを知っているから、土曜日は落ち着いて過ごした。でもチームにスポンサーとファンの人たちがたくさん来てくれたので、忙しい一日だった。日曜日はもっとリラックスできて、両ヒートともスタートはすごく良く、4位と5位につけた。第1ヒートは9位をキープした。ラップタイムが良かったので、満足している。第2ヒートではさらに前を走ることができた。5位を争っていたシンプソンが激しくプッシュしてきたけど、今日は僕の方が彼よりも強かった。去年はこのレースを完走できなかったので、大きな進歩だし、チームにとって素晴らしい一日となった」

MXGP:R・ゴンサルビス選手談(DNF/11位:総合15位)
「タフな週末だった。先週、ポルトガル選手権で激しく転倒してしまい、出場できるだけでもうれしいよ。週の半ばまでベッドの中だったけど、GPを欠場したくなかった。第1ヒートは痛み止めが効かなかったし、タイトなライディングで、危険を感じリタイアを選んだ。第2ヒートでは違う痛み止めを試し、それが良かった。ここまで状況が良くなるたびにアクシデントが来る印象だけど、厳しいときにずっとバックアップしてくれたチームのためにも、ドイツGPではもっと良い結果を目指すよ」

MX2:P・ペトロフ選手談(9位/11位:総合9位)
「今日は、自分のライディグにはとても満足しているけど、結果には満足していない。第1ヒートではうまく飛び出して、1周目を終えて6位とし、すごく良い感触だった。5位に上がってからは、フェーブルとティクシエよりも速かった。もっと前に行けるはずだったけど5位にとどまってしまったのが、最初のミスだった。その後のガイセルとバトルで、ペースを乱したしミスをおかしてしまったんだ。だた、すぐに再走して9位でフィニッシュできたのは幸運だった。第2ヒートではゲートにヒットしてしまった。あんなことが起こるなんて… その後は可能なかぎりハードに攻めて11位でフィニッシュした。ライディングのフィーリングは良かったし、再び良い方向に向かっていると感じていた。自信を取り戻すことができたし、来週のドイツが楽しみだよ」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る