[HONDA]JRR SPOTLIGHT ON THE FIGHTERS 「Hondaで戦うライダーたち」 山田 誓己、大久保 光、鳥羽 海渡

チャンピオンは誰にも譲れない 毎戦毎戦が世界へのステップなんだ

ラストラップまで勝負の行方が分からない、まさに真剣勝負のバトルを見られるのがJ-GP3クラス。250ccの小排気量マシンながら、毎戦手に汗握るドッグファイトが楽しめます。 そんな中、シーズン開幕から激しいチャンピオン争いをしているHondaの若手にスポットを当ててみました。中学2年生になったばかりで開幕戦を制し2連勝した鳥羽海渡選手、3戦連続表彰台を獲得し1勝した山田誓己選手、そして2010年度のGP3クラスチャンピオンで、2012年度アジアカップ初代チャンピオンの大久保光選手の3人です。

XXXXXX

■開幕戦で全日本ロードレース初優勝の14歳・鳥羽海渡(とばかいと)選手
アジアで学んだ貪欲さを武器に全戦勝つつもりです

開幕戦となったオートポリスに続き、ツインリンクもてぎでの第2戦にも勝つことができました。その間にインドネシアで開催されたアジアタレントカップ(5/12)でも優勝したので、都合3連勝。マシントラブルで第3戦・日曜日の決勝レースこそノーポイントに終わりましたが、気持ちを切り替えて、残り全戦を勝ちにいきます。目標はもちろん世界です。そのためにも勝利につながるメンタル面をもっと鍛えることが僕の課題だと考えています。
アジアタレントカップもそうですが、一昨年参戦したアジア選手権のアンダーボーンにエントリーしたことが、僕を大きく成長させてくれたと思っています。ハングリー精神のさらにもう一つ上をいくような強い気持ちがなければ、世界での競り合いには勝てないことを叩き込まれたような気がします。すでに世界へのロードマップは心の中にでき上がっています。Moto3、Moto2、そしてMotoGPと駆け上がっていくために、今シーズンの全日本ロードレースが大きなカギを握っていると感じています。

XXXXXX

■3戦連続表彰台のディフェンディングチャンピオン・山田誓己(やまだせな)選手
格の差を見せつけて僕が勝つ そして世界に挑戦する

昨シーズン、チャンピオンを獲ったので今シーズンは「勝って当然」という見方をされることもありますが、けっして嫌ではありません。勝たなきゃいけないと思っているのはだれよりもこの僕なのです。しかも、格の差を見せつけて勝つ。それができないと次へのステップはないと考えています。ぶっちぎりで勝つ。競り合いを制して勝つ。後方からぐいぐい追い上げて大逆転で勝つ。消耗戦のような我慢のレースを克服して勝つ。
レース展開はいろいろありますが、勝ち方をたくさん知っているレーサー。「誓己には手が付けられない」と思わせるシーズンにしたいと思います。だからこそ3戦目にして優勝し、ランキングでもトップに立ちましたが満足なんかしていません。世界へ行くスタートラインにようやく立ったというだけ。昨年に引き続き、まずはワイルドカードを勝ちとって日本GPにエントリー。ポイント争い圏内ではなく、今シーズンは上位グループで競り合いをして、僕の名前を世界にアピールします。だから、もう、負けられません。

XXXXXX

■アジア選手権初代チャンピオン・大久保光(おおくぼひかり)選手
グリッドに並べる喜びを糧にチャンピオン返り咲きを狙う

自分自身のチーム「HotRacing」を立ち上げて監督兼ライダーでいくと決めたのが一昨年の暮れ。それから1年。一人ではなにもできないことが身に染みてよく分かりました。今シーズンもぎりぎりまでマシンを組めない日々が続いていましたが、いろんな方のご協力で足りないパーツを貸していただくなど、ようやく初戦を戦うことができました。オートポリスでは勝てるレースを逃してしまい悔しくて仕方ありませんでしたが、グリッドに並べた喜びはとても大きく、その気持ちを結果で返さないといけないと思っています。
今シーズンの目標は、まず1勝。HotRacingを立ち上げてからまだ未勝利なので、まずは優勝することで皆さんに恩返ししたいです。さらに狙うは3年ぶりとなる全日本ロードレースのチャンピオン奪回とワイルドカードでのMotoGP参戦です。そこで生きてくるのがアジア選手権での経験だと思います。まるでノーガードで殴り合うようなバトルにもひるまず前にいく貪欲さを胸に秘め、トップグループに食らいついていきたいですね。期待してください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る