[HONDA]現場レポート マルケス、史上最年少で7連勝! HondaがMotoGP 100勝目を達成!!

スペイン・バルセロナ郊外のカタルニア・サーキットで開催された第7戦カタルニアGPは、Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ両選手にとって今年2回目のホームグランプリです。両選手ともにカタルニア地方出身で、今回は文字通り「地元」のレース。土曜日に行われた予選ではペドロサがポールポジションを獲得し、決勝に向けた並々ならぬ意気込みをトップグリッドという最高の形で表しました。

XXX

日曜の決勝レースでは、3番グリッドスタートのマルケスがペドロサと終始激しいバトルを展開し、最終ラップの最終セクションまで息詰まる戦いが繰り広げられました。最後はマルケスが先にチェッカーを受けてシーズン無敗の7勝目。ペドロサは3位でフィニッシュ。また、この結果によりHondaは、2002年に始まったMotoGPクラスでの100勝目を達成しました。
カタルニアGPの緊迫感に満ちた戦いとその舞台裏を、チーム代表のリビオ・スッポが明らかにします。

XXX

-今日の決勝レースは、最初から最後まですばらしいバトルでした。どんなふうにご覧になりましたか。

「実にエキサイティングで手に汗握るクリーンなバトルでした。オーバーテイクに次ぐオーバーテイクで、最終ラップの激しい勝負は、今思い出してもすばらしい内容でした。あれ以上のエキサイティングなレースは、MotoGPはもちろん、ほかのどんなモータースポーツでもお目にかかれないでしょう。マルクの快進撃は、とても言葉では表しきれないほどです」

-ペドロサ選手の勝負にかけるすさまじい決意があらわになったバトルでしたが、万全のコンディションを取り戻したといえそうですか?

「そうですね。いつものダニが戻ってきてくれました。我々にとっても、そしてレースにとっても、とてもいいことだと思います。最終ラップのバトルでは、残念ながら順位を落とし結果は3位でしたが、レースウイークを通じ、非常によい仕上がりで、今回の第7戦は充実のセッションを積み重ねることができたと思います」

-今回の勝利でMotoGP100勝目。記念すべき節目のレースになりました。

「今日の決勝レースのすばらしいバトル、そしてその勝利でこの記録を祝うことができるのをとても誇らしく感じています。この記録達成に貢献してくれたHRCの技術者や現場のスタッフ、そしてなにより、彼らが作り上げたマシンで、ひとつまたひとつと勝利を積み上げてくれた選手たちに、感謝の意を表したいと思います」

-今回のカタルニアGPでは、Moto3クラスでもHondaのマシンが初勝利を獲得しました。しかも、それを達成したのが、弟のアレックス・マルケス選手です。

「マルケス兄弟には驚かされっぱなしです。しかも、ホームGPでの兄弟優勝なのですから、彼らのご両親は、今日はさぞや喜びと誇りで胸がいっぱいであるに違いありません。人の親として、まさかそんなことが現実にあり得るとは、ちょっと想像がつかないほどです。また、Moto3を担当してきたHRCのスタッフにとっても、今日はとてもいい結果になったと思います。私は、彼らが開幕前から勝利を目指して全力で取り組む姿を見てきました。今回の勝利は、アレックスの勝利であるのと同時に、彼らの努力が実った成果でもあるのです」

-次戦の第8戦オランダGPはTTサーキット・アッセンで行われます。マルケス選手は連勝記録をさらに伸ばすのでしょうか。あるいは、ペドロサ選手がそれに待ったをかけるのでしょうか。

「アッセンは我々にとって最も難易度の高いコースのひとつで、ヤマハのロッシ選手やロレンソ選手に勝つのは容易なことではありません。我々は全員で力を合わせて全力で戦い抜き、最高の結果を目指します。皆さまから力強い応援をいただければ、それがさらに我々の力になります。次戦も何卒ご声援をよろしくお願いいたします」

【関連ニュース】
[HOMNDA]MotoGPクラス100勝を達成

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る