[REPSOL]MotoGP Rd.7 マルケスとペドロサが地元ファンに表彰台で応える

チームメイトのダニ・ペドロサと最終コーナーまで争ったチャンピオンのマルケスが7勝目。

カタルニアGPは興奮させられるレースになった。ワールドチャンピオンのマルク・マルケスが、今までのところ完璧な7連勝で地元ファンに幸福をもたらした。彼は獲得可能な175ポイントで175ポイントすべてを獲得している。この勝利は同僚のダニ・ペドロサとのバトルという、スリリングな大詰めの後にやってきた。最終ラップのミスでペドロサはロッシの後ろ、3位に後退した。

スタートからモトGPの「ファンタスティック4」(マルケス、ペドロサ、ロッシ、ロレンソ)がこのレースが今シーズンのベストレースだという最初のサインを出した。絶え間ないオーバーテイク、そしてイエローフラッグ中にロッシをパスした後、マルケスとペドロサがロッシの後ろになるような不確実な瞬間があった。最後にはマルケスがリード、すぐ後ろにペドロサがいた。バルセロナ・サーキットのどのコーナーでもほとんど抜こうとしていた。最後から3つ目のコーナーでペドロサはマルケスのリアホイールに接触して、膨らんでしまった。マルケスはシリーズをリードし、ロッシが117ポイントで2位、ペドロサは5ポイント差の3位。

次戦は2週間後、歴史のあるアッセン・サーキットで行われ、土曜日にレースが開催される。

マルク・マルケス1st – 42:56.914
ここはいつも難しいと思っていたトラックだったから、勝てて本当にうれしい。この週末どれだけタフだったか分かってもらえるだろう。今シーズン初めてポールポジションをとれず、今年初めてのクラッシュもした。レースはダニとホルヘとバレンティーノとのとても厳しいバトルだった。最後の数コーナーはバレンティーノとダニが動いてきて、特に見応えがあったと思う。25ポイント獲得できたし、多くの地元ファンの前で弟も同じ日に勝って、本当にうれしい。とても特別な日になったよ。

ダニ・ペドロサ3rd at 1.834 sec.
レースのほとんどを4人のライダーが抜け出したから、とてもよかったし、厳しい戦いだった。オーバーテイクが多かったし、とても激しかった。僕らはみんなとても速かった。最終的にとても満足している。結果はベストではなかったけど。僕らはよく戦ったし、肉体的にもよくなったと感じた。練習走行もレース序盤のラップも前にいるという希望を叶えたし、勝利のためにマルクと戦ってレースを終われたし、このレースは前向きに捉えられる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る