[MFJ]JRR Rd.4 3日目は快晴! J-GP2は関口がトップ!!

シリーズ第4戦が行われる宮城県・スポーツランドSUGOでの事前合同テストは6月13日(金)に3日目を迎え前日とは打って変わり快晴。風は強かったものの、さわやかなコンディションとなった。この日は、タイヤメーカー合同枠となり初日のメーカー枠を走ったチームは参加できない。
J-GP2クラスは、関口太郎が1分31秒252をマークしてトップタイム。「今までとは違う方向の車体セットを試したら、まぁまぁのフィーリングになってきました。タイム的にも、みんなの仲間に入れてきたかな? もう一秒縮めたいところですね」と関口。2番手の星野知也も自己ベストを更新し、1分31秒942をマークした。

JSB1000クラスは、第4戦SUGOに加賀山就臣のペアとしてエントリーしている武田雄一が1分30秒404でトップタイム。中村知雅が1分31秒793、須貝義行が1分32秒074、井上哲悟が1分32秒111で続いた。

ST600クラスは、近藤湧也が1分31秒940でトップ。2番手に1分32秒319の篠崎佐助、3番手に1分32秒603の日浦大治朗、4番手に1分32秒667のチャランポン・ポラマイと続いている。

J-GP3クラスは、ディフェンディングチャンピオンの山田誓己が1分35秒084で1番時計。2番手に大久保光が1分35秒906で続いた。3番手には、今年から全日本にフル参戦している伊藤和輝が1分36秒733でつけ、4番手に小室旭が1分36秒771、岡崎静夏が1分36秒779と小原レーシングの3人が続いた。6番手に徳留真紀が1分36秒976で続き、ここまでが1分36秒台をマークした。

チケットなどのお問い合わせはスポーツランドSUGOまで

■全日本ロードレース選手権第4戦「SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース」
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1404.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る