[MFJ]JRR Rd.4 JSB1000 事前テスト ヘビーウエットなテスト2日目。野左根が一番時計

各クラス2セッションの特別スポーツ走行が設けられた事前テスト2日目。宮城県・スポーツランドSUGOは、強い雨と風に見舞われ、ほとんどのライダーが走行を見合わせた。走ったライダーも10周を超えるライダーは、ほとんどいなかった。
JSB1000クラスは、2回目の走行開始直前から雨が強くなったが、その中を出て行った野左根航汰が計測7周目に1分42秒751をマークし、それが、この日のトップタイムとなった。野左根は、さらに攻めて行ったが、110Rで転倒を喫してしまう。幸いケガはなかったが、マシンを大破させてしまった。

「JSBマシンでウエットを走ったのが初めてだったので、感触を確かめながら乗っていたのですがペースを上げすぎました。水たまりに乗ってしまいハイスピードで転倒してしまいました。初日は、ドライで走れて、新品タイヤを履いたら28秒台に入れることができたので、レースウイークは、もっとアベレージを上げられるようにマシンをセットアップしていきたいですね」と野左根。

2番手に1分45秒782の山口辰也、3番手に1分46秒717の藤田拓哉、4番手に1分48秒156の加賀山就臣、5番手に1分50秒053の井上哲悟、6番手に1分51秒656の柳川明、7番手に1分55秒364の出口修、8番手に1分58秒282の中冨伸一と続いた。

J-GP2クラスは、1分44秒692をマークした星野知也、ST600クラスは、1分40秒686をマークした横江竜司、J-GP3クラスは、1分51秒504をマークした山元聖が、それぞれトップタイムとなった。

チケットなどお問い合わせはスポーツランドSUGOまで 今年も全日本選手権の活性化を目的として開催されるSUGOスーパーバイク120マイル耐久レースの主旨にご賛同いただいた各企業の皆様からご協賛をいただき、JSB1000クラスにスポンサー賞が設定されました。

チケットなどお問い合わせはスポーツランドSUGOまで
http://www.sportsland-sugo.jp/watch/contents/2014/01/20140110_1164.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る