【新車】タイホンダ、CBR150Rの新モデル発売

ホンダの二輪現地法人APホンダは10日、排気量150ccのスポーツバイク「CBR150R」のマイナーチェンジモデルを発売した。全国のホンダ販売店で取り扱う。

ボディーカラーなどデザインを都会の若者向けに変更した。色は白・黒、赤・黒、黒一色の3タイプで、価格は7万9,300バーツ(約25万円)。ガソリンにエタノールを20%以上混合した代替燃料「E20」に対応する。APホンダの広報担当者がNNAに説明したところによると、CBR150Rは2008年に販売を開始し、昨年の販売台数は1万台超。今年は1〜5月に約6,000台を売り上げた。国内で販売している「CBR」シリーズ(ほかに排気量250cc、300cc)の中で最も人気が高いという。販売目標は設けていない。

同社は先に、バイク全体の販売が落ち込む中でスポーツ車や大型車などは伸びているとして、安定供給と新モデルの投入で需要を取り込む考えを示していた。今年1〜4月のタイのバイクの新車販売台数は前年同期比22%減の約56万3,000台。ホンダは同16%減の約44万6,000台だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る