【新車】ヤマハ、2015年モデルYZイメージと共通グラフィックを採用 キッズ向けのプレイバイク「PW50」発売

ヤマハ発動機株式会社は、オートマチックエンジンを採用したキッズ向けプレイバイク「PW50」について、2015年YZシリーズと共通イメージのグラフィックに変更し2014年8月20日より発売します。タンク側面に大きく「PW」ロゴをあしらいました。

「PW50」は3歳〜6歳程度の幼児(体重25kg以下)対象の入門用モデルで、(1)運転操作が容易なオートマチックトランスミッション(2)扱い易い軽量・小柄な車体、(3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、(4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキ、などが特徴のモデルです。

XXX

名称  「PW50」
発売日 2014年8月20日
メーカー希望小売価格  135,000円(本体価格125,000円/消費税10,000円)
カラーリング  ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
販売計画  50台(発売から1年間、国内)

※PWシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。

※保証(クレーム)の対象外製品となります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る