[BRIDGESTONE]JMX Rd.4 IA1 小島庸平がヒート2で今季初表彰台(2位)を獲得

2014年 全日本モトクロス IA1 第4戦
小島庸平がヒート2で今季初表彰台(2位)を獲得。熱田孝高は2戦連続で2戦連続で両ヒート表彰台に登壇。
開催場所 : スポーツランドSUGO
開催日 : 6月7日 〜 6月8日

2014年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。前回中国大会から約1カ月のインターバルをおいて行なわれた第4戦。会場のスポーツランドSUGOは、インターナショナルモトクロスコースという名が示す通り、過去世界選手権モトクロス日本グランプリを開催した東北の名門コース。今大会に合わせコースを改修し一部レイアウトを変更して大会を迎えたが、大会期間中は梅雨前線の影響で断続的に雨が降り続き、ヘビーマディのコンディションとなってしまう。特に決勝レースはどのクラスも転倒やスタックが相次いだために、コースカットやレース時間を短縮するなどして行なわれた。冷たい雨が降り続き、時折会場全体が霧に包まれるなど生憎の天候となったが、今シーズン初の東北での開催ということもあり、公式発表で3200人の観客が会場を訪れた。

■IA1 ヒート1
ホールショットを決めたのは、怪我からの完全復帰を目指す小島庸平(スズキ-ブリヂストン)。注目のオープニングラップは、成田亮(ホンダ-DL)が小島の前に出るが直後に転倒。小方誠(ホンダ-DL)が先行し、熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)、小島、星野優位(ホンダ-ブリヂストン)、成田、深谷広一(ホンダ-ブリヂストン)、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)、平田優(ヤマハ-ブリヂストン)がこれに続く。レースは前半熱田が小方をパスしトップに浮上。しかし直後に熱田も転倒を喫し、再びトップに立った小方が逃げきって優勝。再スタート後ベストタイムをマークして猛然と追い上げた熱田は、終盤2番手成田の背後を捉えるもあと一歩逆転には及ばず3位。淡々とリズムを保って走り続けた小島は4位。深谷が5位でフィニッシュした。

■IA1 ヒート2
ホールショットを奪ったのは成田。小島、新井、熱田、星野優位がこれに続きオープニングラップ終了。周回毎に荒れたコースは上り斜面やジャンプのアプローチに深いワダチが刻まれ、スタックするライダーが続出する。上位に付けた新井、星野優位が先行するライダーの転倒に巻き込まれたり、スタックの餌食となった一方で、小島は成田の先行こそ許したものの、淡々と確実に走り続け2位でフィニッシュ。また、度重なる転倒やスタックを挽回し、最後まで粘り強い走りを見せた熱田が3位でチェッカーを受け、怪我からの完全復帰を果たした小島は今シーズン初、熱田は前回中国大会から連続で、4ヒート連続となる表彰台を獲得した。ブリヂストン勢では平田が4位、新井は7位でフィニッシュした。

■小島庸平 – Team SUZUKI所属
マッドパターンのタイヤがすごく調子よくて、スタートは全て前に出ることが出来たし、マディのレースでは本当に助けになった。ジャンプのアプローチなど硬く滑りやすい部分でもしっかりと食いつき、泥も吐いてくれたことがアドバンテージになったと思う。

■大庭裕史 – 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発
予想通りの天気でマディコンディションでのレースとなったが、こういう状況を想定していたし、泥濘部分とレールの底の硬い部分の両方でトラクションを得るという狙いは、十分達成出来たと思う。IA1に関しては、去年から使って来たパターンで自信を持っていたし、実際にスタートで前に出る強みを出せ、熱田選手の両ヒート表彰台、小島選手の今季初表彰台をアシスト出来たと思う。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る