KAWASAKI、KSR110ドライブチェーンのリコール

リコール届出番号:981
リコール開始日:平成15年9月19日

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
チェーンとスプロケットの噛み合いが適切に維持される構造となされていないため、チェーンが過大にたるんだ状態で減速した場合、チェーンとトランスミッション側のスプロケットの噛み合いにずれが生じ、チェーンがクランクケースと干渉するものがある。そのため、クランクケースが破損しエンジンオイルが漏れる、又はチェーンがスプロケットとクランクケースの間に挟まれて後輪がロックし走行不能となるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ドライブチェーンのたるみ量を点検し、たるみ量が標準値(10〜25mm)を外れている場合は調整する。
全車両、クランクケース、ドライブチェーン、スプロケットなどを点検し、損傷しているものは新品と交換する。
全車両、ドライブチェーンガイドを追加する。

型式:BC-KL110A
通称名:KSR110
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間:KL110A-000015〜KL110A-002656(平成14年10月8日〜平成15年9月11日)
リコール対象車の台数:1998

<ご注意> 対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る