マン島TTレースでBMWが75年ぶりに優勝!

現在、英国・マン島で開催されている「マン島TTレース」において、マイケル・ダンロップがBMWに歴史的勝利をもたらした。
マン島TTレースでBMWが75年ぶりに優勝!

現在、英国・マン島で開催されている「マン島TTレース」において、マイケル・ダンロップがBMWに歴史的勝利をもたらした。

6月2日、BMW S1000RRで 「スーパーバイククラス」に参戦した昨年の覇者、マイケル・ダンロップは2位のガイ・マーティン(スズキ)に 20.5 秒の差をつけてぶっちぎりの優勝。3位にはコーナー・カミンズ(ホンダ)が入った。

BMW Motorradとしてのマン島TTレース勝利は、1939年にゲオルグ・メイヤーが 「Type 255 Kompressor」で優勝して以来であり、実に 75 年ぶりの快挙となった。また、マイケル・ダンロップは続く「スーパーストッククラス」においても同じくBMWを駆り、2勝目を上げている。ちなみに「スーパースポーツクラス」ではTRIUMPH DAYTONA 675Rのゲイリー・ジョンソンが勝利を飾るなど海外メーカー勢が躍進。今年のマン島TTでは国産メーカーは精彩を欠いているようだ。

マイケル・ダンロップは1989年生まれの25歳。2007年にTTにデビュー、2009年に「スーパースポーツジュニアTTクラス」で初優勝以来、今まで9度の優勝を経験。昨年は5クラスを制覇するなどTTで今最も輝いているライダーのひとりだ。

父はTTレースでも活躍した故ロバート・ダンロップで、兄のウィリアム・ダンロップも現役のTTレーサー。そして、マン島TT史上最多となる通算26勝を誇るレジェンド、故ジョーイ・ダンロップを叔父に持つなど、まさにTTの申し子とも言えるレース一家に生まれ育った。BMWでの勝利は彼の力によるところも大きいはずだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川
【マン島TTオフィシャルサイト】Michael Dunlop ensures Dainese Superbike Race is a sensational scorcher

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る