[YAMAHA]WMX Rd.9 ファン・フォルベークが8連続表彰台獲得

■大会名称:2014年第9戦フランスGP
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年6月1日
■開催地:サン・ジャン・ダンジェリー(コース長:1,750m)
■天候:ドライ

全17戦で争われる2014年FIMモトクロス世界選手権第9戦が容赦のないハードパックのレーストラック、サン・ジャン・ダンジェリーで開催された。晴天に恵まれたかつてのモトクロス・オブ・ネイションズの会場には32,000人ものファンが詰めかけた。 Yamaha Factory RacingのJ・ファン・フォルベークは、MXGPクラスをリードする上位陣の一画を常に占めており、難しいこのフランスの舞台でも速さと堅実さを示して総合2位に入り、連続8度目となる表彰台に立った。

ファン・フォルベークは走りだしからすぐに力を示し、予選ヒートで楽に3位に入る。第1コーナーまでの長いスタートストレートで行われるドラッグレースのような争いに向けて好位置を占めることとなった。 だがファン・フォルベークは第1ヒートのスタートがわるく、C・ドゥサル(スズキ)、T・カイローリ(KTM)に続く3位を単独走行。だが続く第2ヒートではトップ争いの一画を占めた。ファン・フォルベークは後方から迫るS・フロサード(カワサキ)の追撃を受けるが、ドゥサルに迫る。 トップのカイローリがフィニッシュまで残り2周となったところで転倒を喫した時、ファン・フォルベークはトップを狙える位置にいたが、ドゥサルに続く2位でチェッカーフラッグを受けた。 ヤマハのエース、ファン・フォルベークは選手権ランキングでは2位のドゥサルとはわずか15ポイント、トップのカイローリとは35ポイント差の3位をキープしている。

元世界チャンピオンのD・フィリッパーツはサン・ジャンで良い時とわるい時をともに経験した。このコースはフィリッパーツが約10年前にGP初優勝遂げた場所だが、2014年は幸運とはならなかった。第1ヒートはスタートで出遅れて中団グループに埋もれてしまう。苦しい戦いを強いられたフィリッパーツは15位でフィニッシュした。第2ヒートではコースの最も高いところに位置する新セクションで転倒を喫し、スロットルを破損するとともに、右手の小指を脱臼。リタイアを余儀なくされた。

Bike it Yamaha CosworthのR・ゴンサルビスは先週、イギリスGPでねんざした足首は問題なかったが第1ヒートで転倒し、トップ8から12位まで順位を落としてしまうが、第2ヒートのペースは素晴らしく、今シーズン自己ベストタイとなる7位でゴールした。ベテランライダー、ゴンサルビスの総合成績は8位となった。

ヤマハのMXGPクルーは、この1週間で再び集まり、ハードパックのダートについてさらなるテストとトレーニングについて検討する。6月にはイタリア(マジョーラ)とドイツ(トイチェンタル)でグランプリが行われる。第10戦イタリアGPはミラノの北に位置するサーキットで6月15日に開催される。

MX2:アンスティがフランスGPで復調
フランス西部に位置するサン・ジャン・ダンジェリーで開催された2014年FIMモトクロス世界選手権第9戦フランス・グランプリで、M・アンスティがMX2クラスの第1ヒートでほとんどホールショットを奪う見事なスタートを見せ、このヒートで7位に入った。

Bike it Yamaha Cosworthのアンスティは劇的な週末を過ごした。土曜日に電気系統のマイナートラブルに見舞われ、アンスティは日曜日に行われる30分と2ラップの両ヒートにゲートの最終位置からスタートすることを余儀なくされた。そして第1ヒート、アンスティはほとんどホールショットに近い見事なスタートを見せる。だが速いラップタイムに欠けるアンスティはトップ3から徐々に後退し、7位でフィニッシュラインを通過した。残念ながら第2ヒートでは素晴らしいスタートを再現することはできず、アンスティは13位でゴール。総合成績は10位となった。

Yamaha Factory RacingのC・シャルリエは左ひざの半月板の問題から欠場。第10戦イタリアでの復帰を目指して月曜日に手術を受ける。

Kemea YamahaのP・ペトロフは失意のイギリス・グランプリから立ち直り、トップ10フィニッシュを決めた。ブルガリア人ライダー、ペトロフはリーダーボードの上位半分の中で争うことで自信を取り戻し、第1ヒートで10位、第2ヒートでは8位にフィニッシュした。8位はペトロフの今年の自己ベストタイ。

ペトロフがMX2クラス9位でグランプリを終えた一方、チームメイトのL・スタイクは土曜日にジャンプの着地で胸骨を骨折。スタートすることができなかった。スタイクは次の2週間を利用して治癒に努めるが、イタリア・グランプリへの参加は難しい可能性がある。

【コメント】
■J・ファン・フォルベーク選手談(3位/3位:総合2位)
「第1ヒートではスタートがわるく、トニー(カイローリ)とクレマン(ドゥサル)は先に行ってしまっていて、僕は3位をキープしてスムーズに走り、次のレースのためにエネルギーを温存した。第2ヒートのスタートは良くなって、彼らと一緒に走り出した。“走り続けろ”と自分に言い聞かせたよ。ここはラインが1本しかないし、旧サン・ジャンと同じで追い抜くのが難しいからね。プレッシャーをかけられるとミスしやすくなるので、それを僕はトライしたんだ。難しいコースですごくいい感じだったし、MXGPクラスではこれがベストレースのひとつになると思う」

■M・アンスティ選手談
「土曜日には5周程しかできなくて、それで日曜日を走らなければならなかった。遅れを取り戻すために頑張ったんだ。外側からほとんどホールショットを奪ったときには信じられなかったよ。“これこそ僕らが話していたこと”って考えていたけど、どこまで行くのか、どこに落ち着くのかわからなかった。たくさんミスを冒して、走りに余裕がなかった。これはたぶん予想されていたことだ。第2ヒートでは序盤、誰かがぴったりついて離れなかった。それから、ストールしていたライダーに衝突してしまった。混乱していた。土曜日に時間をロスしてそれが不利に働いたけどそれでも走ったし、やり続けることが必要だ。あと2週間あるのでいい走りといい仕事をするよ」

■P・ペトロフ選手談
「全体にこの週末には満足している。2度トップ10内でフィニッシュしたし、これは自信を取り戻すために必要なことだったんだ。どちらのヒートでもゲートからうまく飛び出したけど、僕の体重にはスタートストレートは長すぎて集団に飲み込まれてしまった。それでも第1ヒートでは17位から10位まで、第2ヒートでは13位から8位まで追い上げた。追い抜きが難しいコースではわるくない。先週の厳しいレースの後に、自分に速さがあることがわかったのは良かった。今度の週末はオフなので、負傷を癒したり、マジョーラでの次のグランプリに向けて準備するにはすごくいいことだ。シーズン後半に向けてモチベーションは上がっているし、この成績で再び前に進み始めることができる」

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る