【新車】ADIVA、全天候型3輪スクーター「ADtre300」を新発売

株式会社イーケィエー(本社:埼玉県八潮市)は、2つのフロントホイールと開閉式ルーフを備え、水冷・4ストローク・OHC4バルブ・単気筒298ccエンジンを搭載した、新型3輪スクーター「ADtre300(エーディートレ300)」を6月1日より発売します。同時に限定モデルのADtre55にも300モデルを追加し、受注を開始します。

ADtre300は2013年7月より販売を開始したADtreの上位モデルで、排気量を205ccから298ccへとアップし、ゆとりある走行性能を実現したほか、新たにパーキングブレーキを標準装備しました。

限定モデルのADtre55は、ボディカラーに専用カラーのマットブラックを採用するほか、メッキハンドル、メッキハンドルポスト、3色から選択可能なスペシャルシートなどを採用し、日本で最終組立を行うプレミアムモデルです。

ボディカラーは標準モデルには、ホワイト、シャンパンゴールド、グラファイトの3色、限定モデルの「ADtre55」にはマットブラックの1色を展開します。

■税込メーカー希望小売価格
ADtre 300 :858,600円
ADtre55 300 :998,000円

▼ADIVA ADtre300 /ホワイト

▼ADIVA ADtre300 /シャンパンゴールド

▼ADIVA ADtre300 /グラファイト

▼ADIVA ADtre55 300 /マットブラック(限定車)

■Concept/コンセプト
ADtreはADIVAが提唱する、2輪車よりも快適で、4輪車よりも軽快な次世代型モビリティ『Advanced vehicles』への最新で最良の回答です。
Piaggio製空冷エンジンを搭載し、量産車初の開閉式ルーフを備えたスクーターとして、国際特許を取得した初代ADIVAスクーターは、イタリアのBenelliと、フランスのRENAULTへ供給され、特にヨーロッパ地域での知名度と人気を獲得しました。

その後自社ブランドADIVAを立ち上げ、より大型で快適性を追求したADシリーズを発売、125ccから400ccまでの、幅広い排気量バリエーションと、優れたユーザビリティにより ルーフ付きスクーターの市場を牽引してきました。

ADtreはADシリーズの持つ優れた耐候性能に加えて、フロントタイヤを2輪化することで、雨天走行時など、これまでの2輪車が不得意とする路面状況においても、優れた安定性を発揮し、天候などの外的環境にとらわれることなく使用できる、全天候型の3輪スクーターです。

イタリアにより手がけられたADtreのデザインは、ADシリーズのイメージを昇華させ、より都会的でスマートなフォルムに仕上げられました。

■Styling/スタイリング
フロントフェイスは、フロントフェンダーをナックルにマウントするボディ別体型とする事で、フロントホイールの存在感を強調し、スリーターであることを強く印象づけるデザインとしました。
ヘッドライトのラインから連続性を持ってつながるウインドスクリーンはライダーを包み込むシェルをイメージしています。
ADシリーズより踏襲されたリア周りは、トランクカバーに搭載されるコンビネーションランプが乗用車の様な洗練された佇まいを演出します。

■Suspension/サスペンション
ADIVAが独自に開発した「インディペンデント・クワトロ・ウイッシュボーン・サスペンション」システムは、2つのフロントホイールを、車体の傾斜に合わせて自動的に傾斜させ路面を追従します。
左右のホイールはそれぞれアッパーアームとロアーアームに支えられたナックルにマウントされ、左右のアームはアッパー同士及び、ロアー同士が車体センター側で同軸上に配置され、左右のロアーアーム間にサスペンションユニット

またホイールがどの位置にあっても、タイヤに入力された地面からの衝撃は、ロアーアーム間に配されたサスペンションユニットで吸収されつつ、反対側のホイールを地面へと押しつけます。このサスペンションの動作原理により、バンピーな路面でも左右どちらかのタイヤがしっかりと路面を捉え、安定した走行を可能にしています。
左右どちらのバンクにもストッパーが設けられており、低速での最大バンク角走行時には、イン側フロントタイヤの接地部分と車車体の重心位置の距離が近い為、イン側への転倒をしにくい構造となっています。

■Engine/エンジン
298cc水冷4サイクル単気筒4バルブエンジンを搭載。
ローラーロッカーアームや、オフセットシリンダー、メッキピストンリングといった先進技術を取り入れ、クラス最高クラスの21.9kw【29.5ps】/7,750rpm、というパワーを実現し、街中から高速道路まで優れた機動性を発揮します。
フューエルインジェクションには信頼のKEIHIN製を採用し、優れた燃費性能、始動性を実現しています。

■Weather Protection/ウェザープロテクション
わずか数秒で開閉が可能な国際特許取得の開閉式ルーフは、雨や強い日差しからライダーを保護してくれます。
ハンドルのサイドまで回り込んだ大型のフロントスクリーンは、絶大なウインドウプロテクション効果を発揮し、冬場の冷たい空気や突然の雨を防ぎ、季節や天候を問わず、ライダーの快適性を確保します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る