天才の証明

F1のアイルトン・セナ、野球のイチロー、将棋の羽生善治・・・・・・どの世界にも天才と呼ばれる人はいるが、現代の2輪モータースポーツ界においてはやはり、マルク・マルケス、この人を置いて他にはないだろう。

2輪レースの最高峰「MotoGP」クラスにおいて昨年、フレディ・スペンサーの持つ記録を30年ぶりに大幅に上回る20歳266日で史上最年少チャンピオンを獲得したマルケスは、今年も開幕から5連勝と破竹の勢いで勝ち星を積み上げている。そして、前戦フランスGPで、マイク・ヘイルウッドが1962年に樹立した史上最年少の5連勝を更新。今週末の第6戦イタリアGPでは、バレンティーノ・ロッシが2002年に樹立した史上最年少の6連勝と並ぶか注目が集まる。

「ひとりだけ違う次元でレースをしている」とロッシが称賛するように、マルケスの強さと速さは飛び抜けている。それは、驚異的なバンク角から繰り出される進入スライドの大きさを見ても明らか。他のトップライダーたちが誰も真似できない領域で走っているのだ。

しかしながら、本人は意外とあっけらかんとしている。「今まで、記録を破ろうと特に意識したことは一度もない」と昨年の最終戦でも語っていたように、本人としては毎回レースを全力で走り、楽しんでいる様子だ。ちなみに前述の羽生名人も「ただ一局一局を大切に、そこにだけ集中して指してきた」と勝負の極意について語ったという。天才の言葉は、往々にしてジャンルを超えて似るものだ。まさに、継続は力。結果は後から付いてくるといったところか。

さておき、まずは今週末、マルケスの記録破りに期待したい!

【MotoGP Rd.6レースレポート】
[HONDA]MotoGP Rd.6 決勝 マルケスが開幕から6戦連続ポール・トゥ・ウインを達成。ペドロサは4位でフィニッシュ
MotoGP レプソル・ホンダのマルケスが6連勝、ペドロサが4位でフィニッシュ
MotoGP 決勝レース:M.マルケスが開幕から6戦連続のポール・トゥ・フィニッシュ!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る