[HONDA]MotoGP Rd.6 予選 マルケスが開幕から6戦連続でポールポジションスタート

マルケスが開幕から6戦連続でポールポジションスタート。ペドロサが4番手となり、Repsol Honda Teamの2人が好グリッドを獲得

第6戦イタリアGPの予選は、初日のフリー走行でトップタイムをマークしたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、ポールポジション(PP)を獲得しました。2日目のフリー走行で2番手へと1つポジションを落としたマルケスでしたが、予選では一気にタイムをアップ。開幕から6戦連続のPP獲得となりました。

2013年のイタリアGPでは、転倒リタイアという悔しい結果に終わったマルケス。そのためこの大会は、マルケスにとって今シーズン最も大きな不安を抱く大会となっていました。しかし、順調にセットアップを進め、予選ではライバルを圧倒。フリー走行では決勝に向けてロングランをこなし、万全の態勢で決勝に挑むことになりました。

ただしムジェロ・サーキットは、オーストラリアGPが開催されるフィリップアイランド・サーキットと同じく、スリップストリームを使い合う高速サーキットであり、逃げきることがとても難しいことで知られています。明日の決勝は混戦が予想されますが、開幕から連勝を続けるマルケスは、6連勝に向けて、闘志を燃やしています。

今大会は、PPのマルケスからQ2に進出した12台のタイム差が0.948秒という大接戦です。その中で、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)がすばらしい走りをみせ、4番グリッドを獲得しました。ペドロサは初日11番手から午前中のフリー走行でトップに浮上すると、予選前のフリー走行でもトップタイムをマーク。アベレージもよく、今季5度目の表彰台と、今季初優勝への期待が膨らみました。予選では、エンジン制御のスイッチを誤操作するミスによりラップタイムを損して、悔しさをにじませていましたが、マルケスとともに優勝候補の筆頭に浮上しました。

今季初表彰台に気合満点のステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)は大接戦の中で9番手。3列目スタートは満足のいくものではありませんが、僅差の9番手だけに、追い上げのレースに闘志をかき立てられていました。アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、初日の転倒の影響に加えて、予選前のフリー走行でも転倒を喫したため、100%のアタックができず、11番手から決勝に挑みます。

Hondaの市販レーシングマシン「RCV1000R」勢は、スコット・レディング(GO & FUN Honda Gresini)が14番手、カレル・アブラハム(Cardion AB Motoracing)が16番手、青山博一(Drive M7 Aspar)が17番手。初日の走行で右手首の痛みを訴えていたニッキー・ヘイデン(Drive M7 Aspar)は、ドクターからの進言もあり、今大会を欠場することになりました。

Moto2クラスは、総合首位のエステベ・ラバト(Marc VDS Racing Team)が、3戦ぶり今季4度目のPPを獲得しました。以下、1秒差以内に16台という接戦となり、サム・ロース(Speed Up)が2番手で初のフロントロー獲得、サンドロ・コルテセ(Dynavolt Intact GP)が今季3度目のフロントロー獲得となる3番手となりました。日本人勢は、中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が15番手。長島哲太(Teluru Team JiR Webike)は27番手から決勝に挑みます。

Moto3クラスは、アレックス・リンス(Estrella Galicia 0,0)が、今季2度目のPPを獲得しました。リンスはセッション中に転倒しましたが、転倒前にマークしたタイムをだれもブレイクできませんでした。以下、Honda勢は、アレックス・マスボー(Ongetta-Rivacold)が5番手、アレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0)が6番手、総合3位のエフレン・バスケス(SaxoPrint-RTG)が10番手、ジョン・マクフィー(SaxoPrint-RTG)が11番手という結果でした。

コメント
■マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「昨年とても苦戦したサーキットで、こうしてポールポジションを獲得できて、とてもうれしいです。今大会は初日からフィーリングがよかったです。今シーズン、がんばってきたことが、このような結果につながりました。昨年の大会では、トップグループに加わるのが難しかったのですが、今年はなにもかもが順調です。決勝は、とても混戦になるでしょうし、厳しいと思います。このコースで逃げきるのは無理だと思いますし、最後までグループでの戦いになると思います。しかし、明日のレースも全力で優勝を目指します」

■ダニ・ペドロサ(MotoGP 4番手)
「前戦フランスGPに比べれば、今回の予選はとてもいい内容でした。マシンの状態がとてもよかったです。しかし、2度目のアタックでは、エンジンのマッピングのボタンに触れてしまうというミスで、エンジンのパワーがしっかり出ていませんでした。それで2度目のアタックは思ったよりタイムを更新できませんでした。しかし、フリー走行でもとてもいい走りができていましたし、特にフリープラクティス4ではいいアベレージで走ることができました。今日は決勝に向けていい状態に仕上げることができました。明日の決勝は接近戦になると思いますが、全力で挑みます」

■ステファン・ブラドル(MotoGP 9番手)
「厳しい予選になりました。このコースではもっと前にいけると思っていましたし、今日の9番手という結果にはがっかりしました。しかし、ラップタイムは悪くなかったと思います。あと0.1秒速ければ2列目に並べたと思います。チームは、最大限努力してくれましたし、マシンの状態も悪くありませんでした。そのため、3列目からのスタートというのは予想していませんでした。このサーキットは1コーナーまでの距離が長く、スタート直後の1コーナーではなにがあるか分からないので、前のグリッドからスタートしたかったです。ここではドゥカティのペースがよく、一段と混戦になると思います。明日はトップ5を目標に全力を尽くします」

■アルバロ・バウティスタ(MotoGP 11番手)
「予選前のフリー走行のときに、4コーナーでフロントから転倒してしまいました。そのため1台のマシンしか使えず、Q1とQ2で転倒しないように走らなければなりませんでした。今日は厳しい一日になりました。大きくセッティングを変更してみたのですが、昨日の転倒の影響で、変更の結果が分かりにくくなっていました。結果的に、午後のフリー走行と予選では、昨日の状態に戻したのですが、いいペースで走れませんでした。フロントのハードタイヤのパフォーマンスを引き出せず、とはいえソフトでは安定性に欠けるため、明日のウォームアップでハードタイヤのセッティングを続け、決勝に挑みたいと思います」

■スコット・レディング(MotoGP 14番手)
「今日のラップタイムには満足していますが、まだ、いくつかのポイントでタイムを短縮できたと思いますし、もうワンランク、タイムを上げられたと思います。朝のフリー走行では、ムジェロのスペシャリストである(バレンティーノ)ロッシ選手(ヤマハ)に何周かついていけましたし、そのときに彼のラインを見ることができました。昨日の午後に雨が降らず、ドライコンディションで走れていれば、あと0.2秒か0.3秒は短縮できたと思います。ニッキー(ヘイデン)は、予選ではいつも速いですし、彼が走っていたら、どのくらいのタイムを出せたのだろうかと考えます。タイヤはうまく機能していますし、フィーリングもいいです。しかし、レースは長く厳しく、体力的にもハードです。どんなレースになるか分かりませんが、明日の決勝が楽しみです」

■青山博一(MotoGP 17番手)
「午前中のフリー走行のフィーリングがあまりよくなく、午後の予選に向けてセッティングを変更しました。この変更自体は悪くなかったのですが、単独で走ることが多く、思ったよりもタイムを伸ばせませんでした。ファクトリー勢のマシンについていき、どこで離されるのか、といった比較がしたかったのですが、チャンスに恵まれませんでした。今回はタイヤの選択も難しく、明日の天候とウォームアップを走った感じで決めたいと思います。厳しいレースに変わりはありませんが、チャンスはあると思います。全力で挑みます」

■ニッキー・ヘイデン(MotoGP 欠場)
「昨日のフリー走行で古傷の右手首が痛み出しました。昨年11月に手術を受けて、すでに完治しているものだと思っていましたが、今年のスペインGPで痛みが出て、フランスGPでも痛みがありました。ムジェロは右手首への負担が大きく、ストレートエンドでは特に厳しいものがあります。来週の火曜日にイタリアで手術を受けます。2週間後のカタルニアGPには出場できるように願っています」

■エステベ・ラバト(Moto2 ポールポジション)
「今週はいい仕事ができましたし、ポールポジションを獲得できて本当にうれしいです。しかし、決勝に向けてやらなければいけないことが、まだまだたくさんあります。ウォームアップで引き続きセットアップを行います。過去2戦、決勝レースの結果に満足していません。明日は優勝を目標に全力で挑みます」

■サム・ロース(Moto2 2番手)
「チームのホームグランプリでフロントローに並ぶことができ、とてもいい一日になりました。今回は新しいシートを含め、いくつかのニューパーツを投入しましたが、それがとてもよかったです。昨日、今日といいペースで走れましたし、午後の予選では新しいセッティングとニュータイヤで、ベストタイムをマークしました。明日の決勝がとても楽しみです」

■サンドロ・コルテセ(Moto2 3番手)
「今日の予選はとても厳しく、難しいセッションでした。特にセッション終盤は、スリップを使おうとコース上で多くのライダーが待ち受けていたので、タイムを出すのが難しかったです。今週は、どのセッションでも常にトップ3に入っていましたし、フロントローに並ぶ自信がありました。開幕戦で左足首を負傷してから約3カ月、厳しいレースが続いていました。しかし、ここ数週間は、モトクロスにも自転車にも乗れるようになり、本来の調子に戻っています。今回はフロントローを獲得したので、いいレースになることを願っています」

■中上貴晶(Moto2 15番手)
「昨日からの厳しい状況に変化はなく、攻めの走りができませんでした。今日もいろいろやりましたが、トップグループで戦うにはほど遠い状態でした。問題はコーナーの進入でフロントのフィーリングがつかめず、結果的に、進入からコーナーの立ち上がりまで、リズムに乗れないことです。現状では、レースを想定してセッションを組み立てる余裕はなく、とにかくタイムを出すためにがんばっています。速さを取り戻すことが一番の目標です。明日の決勝に向けて、大きくセッティングを変えたいと思います」

■長島哲太(Moto2 27番手)
「昨日のウエットコンディションのもとでは、いい走りができました。すごくいいモチベーションになりましたし、今日も楽しく走れました。予選順位は27番手ですが、ベストタイムをマークしたときはクリアラップが取れず、0.3から0.4秒ロスしていたので、もう少しポジションはよかったはずです。それでも、今年になって一番いいグリッドを獲得できました。明日は自分より速いグループで走れるようにがんばりたいです。ポイント争いができればと思います」

■アレックス・リンス(Moto3 ポールポジション)
「今日のポールポジションをチームに捧げたいと思います。いつも僕のために、常に全力を尽くしてくれていますし、今日のポールポジションも彼らのおかげで獲得できました。転倒した僕のマシンを、わずか5〜6分で修理してくれました。ベストタイムが出たときは、ジャック・ミラー選手(KTM)が前を走っていました。そういう意味では、本当のポールポジションではないかもしれませんが、とてもうれしいです。明日は集団から抜け出すのは難しいと思いますし、いいスタートを切って優勝を目標にがんばります」

■アレックス・マスボー(Moto3 5番手)
「ムジェロはあまり得意なサーキットではないので、5番手に入れてとてもうれしいです。今回は高速コーナーでタイムをロスしていたため、その改善に努めてきました。まだ完全ではありませんが、それがうまくいきました。マシンの状態はとてもいいです。明日のレースがとても楽しみです」

■アレックス・マルケス(Moto3 6番手)
「とてもいい一日でした。予選ではトップ争いをしましたし、いいペースで走れました。今日はスリップを使ってタイムを出したかったのですが、単独で走ることが多く、タイムを伸ばせませんでした。しかし、決勝に向けてペースは悪くないですし、表彰台争いには加われると思います。いいスタートを切って、トップグループで戦いたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る