【新車】BMWモトラッド、クラシックカーの祭典にて「コンセプト・ロードスター」発表

毎年イタリアのコモ湖畔で開催されているクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」が、今年も5月23日から25日に開催された。BMWはここ数年、この場で「ピニンファリーナ・グランルッソクーペ」「BMWザガート・クーペ」といったコンセプトカーや、「コンセプト90」のようなゴージャスなオートバイなどをお披露目し、話題をさらってきた。今年は、「MINIスーパーレッジェーラ・ヴィジョン」を発表して注目を集めたのだが、実はこれ以外にも話題となった1台があった。

その1台とは、”BMWのコンセプト・ロードスター”。こう聞くと、流線型をした2シーターのコンバーティブルだと思う人が多いだろうが、実は余分なものを削ぎ落とした、超モダンなデザインのオートバイだ。

搭載されているのは伝統的な水平対向2気筒エンジンで、排気量1,170 ccから最高出力123hp、最大トルク12.7kgmを発生する。その駆動力は、片持ちスイングアーム式リアサスペンションが取り付けられたカルダンドライブシャフトを通してリアホイールに伝えられる仕組みで、これらのパーツはすべてチューブラーフレームに収められている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る