【新車】Ducati、新型Monster 821を発表

新型Monster 821は、112hpを発生する水冷821ccテスタストレッタ11°エンジンを搭載
Monster 821は2014年7月中旬から販売開始、Darkバージョンも登場
ネイキット・モデルのアイコン、新しいMonsterの第一印象はボローニャのルーツを強調

Ducatiは、ネイキット・モデルのアイコンとなっているMonsterのミッドサイズ・バージョン、第3世代の新型Monster 821を発表し、イタリアのボローニャで製作されるモーターサイクルの歴史に新たな一章を付け加えます。一目見た瞬間からボローニャ特有の雰囲気を醸し出すこのニューモデルは、Ducatiとボローニャ地方との強い繋がりを強調しています。

昨年11月にミラノ国際モーターサイクルショーでベールを脱いで話題となったMonster 1200に続き、Ducatiは、Monsterファミリーのエキサイティングな最新モデル、ミッドサイズ・バージョンのMonster 821を発表します。

Monsterは、20年以上前にオリジナル・コンセプトが発表されて以来、29万台以上が販売されています。Monsterの本質を具現化するこのニューモデルは、Monster 1200と同様、一新されたシャシとマッスルなスタイリングによるスタイリッシュなキャラクターを備え、最新テクノロジーが統合されたプレミアムなコンポーネントを採用しています。

心臓部には、高い評価を得ている821テスタストレッタ11°エンジンの最新版が搭載され、112hpの最高出力と9.1kgmの最大トルクを発生しながらも非常に扱い易い特性を備え、重量はわずか179.5kg(乾燥重量)に抑えられています。ミニマリズムとパフォーマンスの見事な融合は、less-is-moreの思想とメイド・イン・イタリーを組み合わせ、モーターサイクルをライフスタイルの一部として表現する、Monsterコンセプトの本質に立ち返るものとなっています。

ハイスペックなブレーキ、しなやかなサスペンション、スタイリッシュなコンポーネントが、ドゥカティ史上最高のエルゴノミクスと融合し、史上最も魅力的なミッドサイズMonsterが誕生しました。革新的なアジャスタブル・シートにより、優れた快適性を実現するとともに、8レベル・トラクション・コントロール、3レベルABS、3レベル・ライド・バイ・ワイヤといった機能が、ユーザーフレンドリーなライディングモードに統合されています。

Monster 821には、最新世代のテクノロジーが採用され、人車一体感が強化されると同時に、ライダーのスポーティングマインドを刺激しつつ、完璧なコントロール性とエルゴノミクスによる安心感も実現しています。

Monster 821は、2014年7月から順次販売が開始されます。Monster 821 Darkは、ダーク・ステルスのカラーにブラック・フレーム/ブラック・ホイールの組み合わせ、Monster 821は、Ducatiレッド&レッド・フレーム/ブラック・ホイール、スター・ホワイト・シルク&レッド・フレーム/マット・レッド・ホイールの組み合わせが設定されます。レッドおよびホワイトのカラーには、ボディ同色のシングルシート・カバーが標準装備されます。

尚、日本仕様、日本への導入時期、価格等は現在未定

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る