[KTM]AMA MX Rd.1 ダンジー&ロクツェンが450MXクラスで1-2フィニッシュ

カリフォルニア州サンバーナーディーノで開催された『2014AMAモトクロス/開幕戦グレンヘレン』。2014スーパークロス閉幕から約2週間の休息の後、アメリカのモトクロスシーンはアウトドアへと移りました。

今シーズンのRed Bull KTMファクトリーチームは、昨年450SXクラスのチャンピオンを逃した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)が450SX-Fを駆り参戦。また昨シーズンは250MXGPクラスを戦い、今季スーパークロスでは450を戦った#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)も450MXクラスを戦います。

そして250MXクラスには#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)が250SX-Fを駆り参戦。SXシーズンを怪我で棒に振っただけに、その活躍に期待が高まります。

●450MXクラス
モト1、ロクツェンが3番手、ダンジーは4番手で第1コーナーを通過。その翌周ともに前車を抜きポジションを上げると、バトルを繰り返しながら周回を重ねていきます。そしてそのままの順位でチェッカー。ロクツェン2位、ダンジー3位でレースを終えます。

そしてモト2。ロクツェンはホールショットを獲得。ダンジーもそれに続き、その後は徐々に後続を引き離していきます。残り4周。ダンジーはロクツェンにプレッシャーをかけ始め、バトルは激しさを増します。そして最終ラップ。残り3コーナーでダンジーがロクツェンをパス。首位に躍り出るとそのままトップでチェッカー。ダンジーは3-1でこの日の総合優勝も獲得しました。またロクツェンは2レースともに2位で、総合も2位。KTMライダーが表彰台の1-2を占めたのです。

■ダンジーのコメント:
「今日のコースはタフだった。メカニックが素晴らしい仕事をしてくれマシンは絶好調だったがモト2では、前を行くライダーをパスするのに時間が掛かり首位に立つのが遅れた。だからこそ今日の結果は素直に嬉しい。次戦ハングタウンにもこの好調を持ち込みたい」

■ロクツェンのコメント:
「今日は楽しみながら走ることができた。MXGP時代にここを走り、コースのこともよく理解している。両モトで好スタートを切れたのはラッキーだった。開幕戦で表彰台に上がることができて良かった」

●250MXクラス
2回目の練習走行で転倒。肩を捻ってしまったムスキャン。運良くレースを続けられましたが、この日肩の痛みと闘っていました。

迎えたモト1。ムスキャンは好スタートを切りホールショットを獲得しますが徐々に順位を下げ、6周目には12位にポジションダウン。しかしそこから踏ん張り、2つ順位を上げ10位でフィニッシュします。

そしてモト2。8番手でスタートするとバトルを展開しながらも10番手にポジションダウン。そしてラスト2周。ムスキャンは2つ順位を回復し8位でチェッカー。10-8で総合8位となりました。

■ムスキャンのコメント:
「肩を怪我したおかげで厳しいレースとなってしまった。運良く回復したばかりの膝は問題ないし、肩も次戦までには回復するだろう。100%の力を発揮するのが今から楽しみだ」

次戦/第2戦は5月31日(土)CA・サクラメントで開催されます。

■450MX/MOTO1 結果:
1. Josh Grant
2. Ken Roczen – KTM
3. Ryan Dungey – KTM
4. Brett Metcalfe
5. Weston Peick

■450MX/MOTO2 結果:
1. Ryan Dungey – KTM
2. Ken Roczen – KTM
3. Trey Canard
4. Justin Barcia
5. Brett Metcalfe

■450MX総合
1. Ryan Dungey – KTM
2. Ken Roczen – KTM
3. Trey Canard

◎450MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Dungey(KTM) 45points
2. Roczen(KTM) 44
3. Canard 34

■250MX/MOTO1 結果:
1. Jeremy Martin
2. Cooper Webb
3. Jason Anderson – KTM
4. Cole Seely
5. Justin Bogle

10. Marvin Musquin – KTM

■250MX/MOTO2 結果:
1. Jeremy Martin
2. Cooper Webb
3. Blake Baggett
4. Cole Seely
5. Christophe Pourcel

8. Marvin Musquin – KTM

■250MX総合
1. Jeremy Martin
2. Cooper Webb
3. Cole Seely

8. Marvin Musquin – KTM

◎250MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Martin 51point
2. Webb 44
3. Cole Seely 36

8. Musquin(KTM) 24

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る