[SUZUKI]WMX Rd.8 クレメン・デサールが第2レース優勝、総合2位獲得!

イギリスマタレーベイシンで開催された2014MX-GP(FIMモトクロス世界選手権)シリーズ第8戦、ロックスターエナジースズキでワークスマシンRM-Z450を駆るクレメン・デサールが、詰め掛けた2万5000人の観客の前で第2レース優勝、第1レースでも4位となり、総合2位を獲得した。

これまでの8月開催から5月後半の開催となった今シーズンのマタレーベイシン大会、ウィンチェスターの空は雨模様で、決勝前日の土曜にもにわか雨が降り、コースはウェットなテクニカルコンディションとなり,こういった路面を得意としているデサールには、圧勝の可能性も期待できる状況となった。

2週間前の第7戦スペイン大会で両レースを制し、今シーズン2回目の総合優勝を飾ったデサールは好調の波に乗って、今大会も土曜の予選を余裕のトップ通過で終えた。昨シーズンのイギリスGPでも総合優勝を飾っているデサールは、相性の良いコースでの連勝を狙った。決勝日、天候が回復し急速にドライコンディションとなった第1レース、デサールはスタート後2番手につくもその後クラッシュに見舞われて5番手となり、懸命の追い上げもならず4位にとどまった。しかしながら第2レースは予選で見せた無敵のデサールに立ち戻り、後方からA・カイローリ(KTM)の追撃にプレッシャーを感じながらも30分プラス2周の間にリードをキープ、前大会での完全勝利に続いて再び1位でフィニッシュしてこの日の総合2位となり、ポディウムで今シーズン5度目のトロフィーを手にした。

一方、チームメイトのケビン・ストライボスは、独特のマディ路面に少々苦戦しながら土曜の予選を9位で通過。順位アップを目指して決勝に臨んだが、トップバトルに加わるようなスタートが切れなかったことがその後のレース展開に影響してしまう。じわじわと追い上げていき第1レース5位、第2レースも同様の展開となったが,追い上げ途中の転倒もあり,7位でフィニッシュ、総合6位とした。

第8戦を終えてシリーズはシーズンの前半戦を消化し、デサールは現在ポイントランキング2位で、トップのカイローリに28ポイント差をで追っている。またストライボスもランキング4位と健闘している。第9戦は6月1日フランスのセントジーンダンジェリーで開催される。ロックスターエナジースズキチームは速やかにベルギー・ロンメルのチームベースに戻り、次戦の準備をおこなう。

コメント
■クレメン・デサール(第1レース/4位 第2レース/1位 総合2位)
「昨日の予選は完璧だった。今日の決勝第1レースは2番手で出て、フロサード(カワサキ)にパスされ、最初の3〜4ラップは思うように走れず、そのあと大転倒で頭を打って、首も少し痛めてしまった。今日も総合優勝を狙っていたので、第1レースの内容と結果が本当に悔やまれる。第1レースのあとに痛めたところを治療して、それで第2レースはしっかり走ることが出来た。中盤でミスもあったが、サインボードの『あと4ラップ』が見えたので気合を入れなおして集中し、スパートしていった。この調子で、次のレース以降も勝ちを重ねていきたい。」

■ケビン・ストライボス(第1レース/5位 第2レース/7位 総合6位)
「本来ここは得意としているコースだが、この週末は思うような走りができなかった。土曜の予選のあとマシンセッティングを変えてみたのだが、結果には結びつかなかった。第1レースは15分が過ぎたあたりで腕上がりの症状が出てしまい、第2レースはスタートに失敗した。可能な限りの走りをしたがあれが精一杯で、最後は転倒もあって恥ずかしい走りだった。次のフランス大会では絶対に頑張って良い成績を出したい。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る