[YAMAHA]WMX Rd.8 ファン・フォルベークが7連続ポディウムフィニッシュを記録

■大会名称:2014年第8戦イギリスGP
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年5月25日
■開催地:タラベラ・デ・ラ・レイナ
■天候:ドライ

マッテレイ・バジンで開催されたイギリス・グランプリで、J・ファン・フォルベークがMXGPクラスで総合3位に入り、再び表彰台に立った。ファン・フォルベークにとってトップ3フィニッシュはこれで7戦連続となる。

Yamaha Factory RacingのYZ450FMを駆ったベルギー人ライダーのファン・フォルベークはイングランド南方にある粘着性がある路面のコースで両ヒートともに3位でフィニッシュした。

雨と日差しが交互に訪れる変わりやすい天候の中、25,000人のファンが観戦した。金曜日と土曜日に降った雨により、マッテレイ・バジンのダートはテクニカルでわだちのあるコースへと姿を変えた。1周のラップタイムは遅くなり、そのレイアウト(MXGPの英国ラウンド開催は2011年以来)は、コースの周囲をとりまくフェンス沿いに陣取った観客に、これまでに例のない光景を提供した。

ファン・フォルベークのレースウイークエンドの滑り出しは良好ではなかった。土曜日の予選ヒートで、フロントフォーク・ガードのスタートクリップの問題からブレーキホースが破損。4位から2位を狙っていたファン・フォルベークはピットイン。20分と2周で争われるヒートの後半をフロントの制動力なしでの走行を余儀なくされたが、それでも15位でゴールした。

青空の広がるコンディションとなった決勝当日の日曜日、ファン・フォルベークは再び上位グループの中で存在感を示した。2014年イタリア・チャンピオンのファン・フォルベークは両ヒートとも3位に入った。第2ヒートではT・カイローリ(KTM)を抑えて2位に就けていたが、カイローリの攻めに抗し切ることはできなかった。ファン・フォルベークはその比類のない堅実な走りで、現在選手権ランキングでも3位に就けている。

DP19 Yamaha racingのD・フィリッパーツは総合10位とまずまずの成績を収めた。第1ヒートのスタートはあまり良くなく、11位でフィニッシュ。続く第2ヒートではスタートでトップ6以内に就けるが、序盤に順位を落としてしまい、トップ10にあと一歩の11位でレースを終えた。 R・ゴンサリビスは、ねんざした足首の痛みに耐えながらBike it Yamaha CosworthのYZ450Fに乗り、総合17位でグランプリを完走した。第2ヒートでは13位を記録した。

2014年MXGPもシーズンのほぼ半分を終えて、ファン・フォルベークはこれまでのレースの大半でトップ3フィニッシュを記録。選手権では1位と35ポイント差の3位に就けている。一方、フィリッパーツは12位、ゴンサルビスは13位に位置している。

次週開催される選手権第9戦フランス・グランプリはFIMモトクロス世界選手権では例年開催地となっているサン・ジャン・ダンジェリーを舞台に行われる。

コメント
■MXGP:J・ファン・フォルベーク選手談(3位/3位:総合3位)
「ここは年間を通して僕が好きなコースのひとつだが、GPは思ったようには行かなかった。苦闘の連続だったし、自分にとって最良の日ではなかったと思う。それでも再び表彰台に上がれたのだから、かなり良かったとは思う。今はフランスに行くのを楽しみにしている。今までのすべてのポディウムフィニッシュは自分とチームにとって素晴らしい。この進み方がすごくいい感じだ。今日だけはあまり良くなかったけど、それでも転倒してポイントを獲得できないより3位フィニッシュ2回のほうがいい」

■MXGP:D・フィリッパーツ選手談(11位/11位:総合10位)
「ひどいレース・・・でも良いところもあった。選手権ポイントを獲得したし、トップ10に近いところにいたからね。僕らはシーズン全体を見なければならないので、これは重要なことなんだ。第1ヒートのスタートは良くなくて11位でフィニッシュした。レース序盤はすごくプッシュして、第2ヒートの序盤も同じようにプッシュした。6位まで行ったからね。でも最初の10分間は遅すぎたよ! なぜだかわからないけど、他のライダーが左右から抜いて行くのでかなりアタマに来たよ。終わりまでにはかなり良いタイムを記録したけど、手遅れだった。いずれにしても僕らはトップ10に焦点を合わせているし、自分のライディングも良くなって来ている。自分のトレーニングは良いし、バイクも良く走る。すべては的確なんだけど、今必要なのはレース序盤に先頭と近いところにいるためにがんばることなんだ」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る