[MFJ]JRR Rd.3 J-GP2 決勝 終盤まで続いたバトルを制して高橋裕紀が2連勝!

第3戦ツインリンクもてぎ J-GP2決勝レース

J-GP2決勝レース、スタートから高橋裕紀がダッシュ、浦本修充、生形秀之、井筒仁康の4台とレース序盤から早くもトップ争いを展開。高橋がさらにリードを広げるかと思われたが、逆に浦本が高橋に迫り、3周目には一旦トップに出るも、すぐさま高橋がトップを奪い返すなど、激しいトップ争いを予感させた。その後も高橋と浦本はポジションを入れ替えながらバトルを展開、生形、井筒も同じペースで周回して離れない。

後方ではトップ集団から遅れた渡辺一馬とさらに後ろのグループから抜け出たデチャ・クライサーがマッチレースを展開している。7周目に再びトップを奪った浦本、その直後でトップを狙う高橋との攻防はレース終盤まで続いた。しかし、フィニッシュが見えてきた16周目の90度コーナーで浦本がまさかのコースオフ、その間に高橋は労せずにトップに返り咲き、追いすがる生形を振り切って2連勝を飾った。4番手だった井筒は、コースに復帰した浦本の状態を見定め、最後の最後、文字通りチェッカーの目前で浦本をかわして3位を獲得した。

公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る