[MFJ]JRR Rd.3 J-GP3 決勝2 山田誓己、激しいトップ争いを制して今季初優勝!

第3戦ツインリンクもてぎ J-GP3決勝レース2

決勝日、厚い雲に覆われているもてぎだが、最高気温は30度を超えると予想されている。J-GP3のレース2は山田誓己がホールショットを奪う。しかし、大久保光が先頭に立つが、水野涼、岡田義治、古市右京、澁田晨央らが続いている。オープニングラップは岡田が先頭で戻ってきたが、山田がトップを奪うと、大久保、水野、岡田、古市、澁田が先頭列を形成していく。出遅れた鳥羽海渡は2周目に入ったところでスローダウン、ピットに戻ってしまった。

レース序盤から中盤にかけて、トップ集団から古市がスローダウンで離脱し、岡田、澁田も遅れ始め、山田、大久保、水野の3台により緊張感あふれるトップ争いが展開されていく。大久保、水野とそれぞれトップに立つなど、3台が順位を入れ替えていくが、終盤再びトップに立った山田がスパート、後方で争う大久保と水野との差を広げて逃げ切り、今季初優勝を飾った。2位争いは最終ラップの90度コーナーの勝負を制した大久保に軍配が上がった。水野は連続3位表彰台。4位は岡田、5位には北見剣、6位に作本輝介、澁田は7位フィニッシュだった。

公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る