[MFJ]JRR Rd.3 J-GP3 決勝1 見事な逆転劇を披露した鳥羽海渡が2連勝!

第3戦ツインリンクもてぎ J-GP3決勝レース1

2レース制のJ-GP3クラスのレース1決勝レースは、気温27度、路面温度32度という中で始まった。ホールショットは山田誓己が奪い、大久保光、水野涼、鳥羽海渡、古市右京と続く。序盤はトップ集団というよりは15台ほどが一列で続いたが、中盤に入ると、山田を先頭に鳥羽、大久保、水野、予選13番手からジャンプアップしてきた岡田義治がトップ集団を形成する。その後ろでは徳留真紀、古市、関野海斗、作本輝介が激しく争う。

7周目に大久保がミス、トップの山田・鳥羽の2台から3位以降が離れてしまった。その後レース終盤は山田と鳥羽のマッチレースとなった。緊張感の漂う中、11周目に山田がオーバーランで鳥羽がトップに立つ。しかし、山田が再びトップに浮上、100分の1秒差で続くトップ争いは、最終周回に突入。5コーナー、V字コーナーとお互いに順位を入れ替えてきたトップ争いだったが、鳥羽がダウンヒルで山田のインに入りトップに浮上、そのまま抑え切って2連勝を飾った。終盤激しさを増した3位争いは、最後の最後で水野が初表彰台を獲得して決着した。

公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る