MotoGP グランプリ・コミッションがブレーキディスクの規定を変更

グランプリ・コミッションが、日本GPの開催地、ツインリンクもてぎでの使用が義務付けとなっているフロントブレーキの340mmカーボンディスクに関して、既にカタルーニャとセパンでの使用が可能となっていたが、他の開催地でもオプションとして使用できることを決定した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型モンキー125用の機械曲サイクロン GPマグナム タイプダウンマフラーがヨシムラから…
  2. 2018年9月10日、昨年のイタリア ミラノショーでカワサキが登場を予告したニンジャ125と…
  3. スポーティなアドベンチャーモデルとして定評あるMT-09トレーサーが、’18年型で「トレーサ…
  4. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
ページ上部へ戻る