MotoGP グランプリ・コミッションがブレーキディスクの規定を変更

グランプリ・コミッションが、日本GPの開催地、ツインリンクもてぎでの使用が義務付けとなっているフロントブレーキの340mmカーボンディスクに関して、既にカタルーニャとセパンでの使用が可能となっていたが、他の開催地でもオプションとして使用できることを決定した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る