[KTM]MotoGP Rd.5 TOP6までが1秒以内の大接戦をミラーが制し今季3勝目をマーク

『2014MotoGP/第5戦フランス・ルマン』。Red Bull KTM Ajoの#8/Jack Miller(ジャック=ミラー)が今季3勝目をマーク。前戦まで2連勝を果たし、ポイントスタンディングスでミラーに2ポイント差の2位にまで迫っていたSKY Racing Team VR46の#5/Romano FENATI(ロマーノ=フェナティ)を30ポイントまで引き離し、ポイントスタンディングス首位に君臨しています。

またチームメイトの#98/Karel Hanika(カレル=ハニカ)はレース序盤のターン8で転倒。リタイヤとなりました。

ミラーは予選2番手からスタート。最初の5周は、ミラーを含む5人のライダーが、コーナーごとに順位を入れ替える激しいバトルを展開。さらにレースが進むと、トップ争いは7台に膨らみ、バトルはさらに激しさを増していきました。

そしてファイナルラップ、ミラーはA・リンス(ホンダ)、Calvo Teamの#32/イサック=ビーニャレス(KTM)、E・バスケス(ホンダ)と並んで最終コーナーに進入。ミラーはそのブレーキング争いに集中していました。起ち上がりでわずかに前に出たミラーは、リンスを0.095秒差で抑えトップでチェッカーを受けました。

ミラーは前戦で4位に終わり、ポイントスタンディングスでは、アルゼンチン&ヘレスと2連勝を果たした2位フェナティに2ポイント差にまで詰め寄られていました。しかしこの勝利で大きくポイントを加算。フェナティに30ポイント差を付け、依然トップに君臨しています。

■ミラーのコメント:
「良いバトルができた。その争いに勝つことができて幸せだ。マシンのセットアップも決まり、まるでレールの上を走っているかのように安定していた。良いバトルを制して表彰台の真ん中に立つことはいつだって嬉しい」

次戦/第6戦は、6月1日にイタリア・ムジェロで開催されます。

■決勝結果
1. Jack Miller – KTM
2. Alex Rins
3. Isaac Viñales – KTM
4. Francesco Bagnaia – KTM
5. Alex Marquez

Other KTM
7. Enea Bastianini
10. Jakub Kornfeil
15. Philipp Öttl/KALEX-KTM
16. Hafiq Azmi
18. Luca Grünwald/KALEX-KTM
20. Livio Loi/KALEX-KTM
22. Ana Carrasco/KALEX-KTM
24. Gabriel Ramos/KALEX-KTM
25. Scott Deroue/KALEX-KTM
DNF Romano Fenati
DNF Niccolò Antonelli
DNF Karel Hanika
DNF Juanfran Guevara
DNS Eric Granado

■Moto3 ポイントスタンディングス
1, Miller(KTM) , 104
2, Fenati(KTM), 74
3, Vazquez , 72
4, Rins , 71
5, Marquez , 60

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る